CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
母の四十九日忌、ルルさんの1周忌

昨日3月9日は母の四十九日忌、そして偶然その日はルルさんが亡くなってちょうど1年目でした。

四十九日忌法要も無事終え、納骨まで済ませたので、父と一緒のお墓に入り、きっと母もほっとしていることと思います。
まだ色々やるべきことはありますが、一人娘としての責任をひとまず果たしたな…という安堵感がやっと生まれました。

 

法要のあとのお食事会でお料理のお皿に飾りでのっていた梅の枝。
持ち帰り水にさしたら、蕾が開きました。





ルルさんの遺骨があるお寺にも先週末お参りに行き、昨日命日にはお花を。





春です。

 

| 日々のできごと | 09:14 | - | - | pookmark |
今年をふりかえる 2014年
恒例「今年をふりかえる」というタイトルの日記、書かないとな…と数日前から思っていて、頭の中で今年のできごとを思い出していた。
自分にとって何が大きなできごとだっただろう…と。

たのしいことはたくさんあった。
出雲大社にも行けた。
いくつもの企画展にお誘いいただき、いろんな絵を描けたことがとてもうれしかった。
自分がガン治療したことを公に話し、がんサバイバーのためのアート展でお手伝いできたこと、それはわたしにこれからも元気でいたいと思う力を与えてくれた。
仕事もほんとうにやりたいことだけを引き受け、たのしんでできた。
何年も会えていなかった会いたい人に会いに行けた。
夫婦で山登りを始めた。まだまだ初心者だけれど、これはわたしにとってはとても大きなできごと。

でも、やっぱりわたしの中で一番の大きなできごとは、14年間いっしょに暮らしたルルさんが旅立ったこと。
思い出さない日は一日もない。
2010年に亡くなったポロンのことももちろんそうだけれど。
こうやって、毎日想うもうそばにはいない人(猫さんも含め)の数が年々増えて行くんだなあ、それが歳を重ねていくってことなんだなあと最近よく思う。
そして、自分は元気でいたい、まだまだずっと元気でいて、大切な人(猫)たちをちゃんと見送ろう、そう思う。


今年一年わたしをささえてくれた家族、そばにいてくれた猫たち、会えた友だち、会えなかったけれどメールや手紙で気遣ってくれた友だち、わたしに絵を描く場を与えてくださった方々、絵を見て下さった方々、そして実際には話したり会ったりしていないけれどこの日記やツイッター、フェイスブックなどでわたしのことを気にかけてくださった方々…今年も一年ありがとうございました。


来年の目標は、新しい絵本(作・絵)を作ること。
(病気になって以来、作る体力…というより気力が足りず実行できていませんでした)
そして、“会いたい人にはいますぐ会いに行き、やりたいことはいますぐやる”。。。このモットーは変わらず持って過ごそうと思います。


来年がみなさんにとってよき一年になりますように。
みなさんの目標が必ずかなう年になりますように。




昨日神棚の牛蒡締めを取り替えていたときの写真。
一年でこんなにも色が変わるのだな。
この右の青い新しい牛蒡締めが左のような色に変わるころ、自分にとって悔いのない一年を過ごせていますように。


 
| 日々のできごと | 09:04 | - | - | pookmark |
小鳥レストラン休業のお知らせ
フランスのお仕事、無事発送してほっとしたのもつかの間、毎日ベランダの整理整頓をしております。

住んでいるマンションが大規模修繕工事に入り、我が家がある南側にも12月頭から足場が建ち、やがてネットが張られます。
3月中旬くらいまでかな。

足場が建ったあとはベランダ内もいろいろ修復、修繕するため、置いてあるものをできるだけ撤去しなければなりません。
もう大変!!!!
ベランダ中手作りの花台、物置、ネコさんのひなたぼっこスペース、そして鉢植えは40個以上…。
どうするんだこれ。。。。と不安になりながらも少しずつなんとかしております。

枯れかかっている植物はやむを得ず処分。
残す鉢植えは室内に置いたり、玄関前に移動したり。
ほとんどが多年草なので、何年も毎年花を咲かせてくれました。だから枯れかかっていても処分は悲しかった。
それぞれに思い出がありますからねえ。

9年ほどずっと咲いてくれたユリオプスデージーは、最後に咲いてくれた花を切って飾りました。
ありがとうね、いままで。




そして、小鳥レストランも一時閉店せざるをえません。
悲しい、心苦しい。
そのことがずっとずっと心にひっかかっていて、いつ閉店にしようかなあと毎日考えていました。
昨日決心し、お知らせのポスターを描きました。
(ちゅんたちは字を読めるのか?いや、読めなくてもきっと想いが伝わるはず!)



今朝これを貼り、開店。




しばらくして1ちゅん、2ちゅんとやって来て、そしてどうしたことでしょう、いつのまにか行列が!
きっと閉店のことがウワサであっという間に伝わった…にちがいない。



数えたら11ちゅん。
過去最高ですよ。




今週いっぱいで、このレストランも、この棚もなくなります。
あぁ、さみしすぎる。

小鳥レストランがなくなってさみしいのは、ちゅんたちより店主のわたし、そして毎日観察してたコビーだと思います。


春よ早く来い!



 
| 日々のできごと | 13:11 | - | - | pookmark |
ネコの手もかりたい
フランスのお仕事、〆切り間近です。
でも遅れていて、間に合うのか???な日々です。

あぁ、ネコの手も借りたい。
3にゃんが家事をやってくれたらどんなにたすかるか。
もしやってくれるなら、誰が何をするのが合ってるだろう。。。と忙しい最中に妄想、そして絵を描きました。





そんな絵描いてる時間があるなら仕事しろよ!


 
| 日々のできごと | 09:38 | - | - | pookmark |
小鳥レストラン
台風が去って青空が広がってます。
ベランダの小鳥レストランにはチュンたちがつぎつぎと。

でも、このレストランも今月中に閉店(できれば休業)しなければなりません。
11月からマンションの外壁修繕工事がはじまり、約5ヶ月間もの間ベランダの向こう側には足場が建てられ、ネットが張られるのです。これでは小鳥たちは来れません。

冬〜初春、毎年行なっていたミカンを置くこともできなくなり、メジロ夫婦にも会えないなんて…。

虫や実などのエサが少なくなる冬こそ小鳥レストランが必要なのにな。。。


急に足場が建てられるとチュンたちも驚くでしょうし危険なので、10月後半くらいからレストランをなくし、「もうここにはごはんはありませんよ」ということを知らせなければと考え中です。
お母さんスズメが子スズメを連れて来て依頼、ここで育った子たちも3羽。
たぶん、全部で9チュンが毎日やって来ています。
言葉が通じれば、閉店の理由を伝えられるのになあ。。。。


もしかしたら伝わるかも!(いや、たぶん難しいけど)と、お知らせの看板をたてる予定。


あと少し。
たくさん食べて太って、冬に備えておくれ!





ねらう1にゃん、ねらわれる4ちゅん。

コビーの楽しみもうばわれるんだな。
わたしにとってもネコさんにとっても、小鳥や空が見えない5ヶ月なんて耐えられるのだろうか…不安だ!


 
| 日々のできごと | 09:40 | - | - | pookmark |
ワレモコウ
涼しい日が続いております。
暑いのは苦手なので、もうこのままでいいよーと思うのですが、きっとまた暑くなるんだろうね。

ベランダでも秋と夏がせめぎあってます。




「秋だー!」と蕾が赤く染まってきたワレモコウ。
「なに言ってんのよ、まだ夏よ!」とがんばるアサガオ。


でもじつは朝顔は秋の季語なんですよね。
いまは秋?


 
| 日々のできごと | 10:51 | - | - | pookmark |
最近のこと
気付けば8月半ば。
もう半月以上もこの日記を書いておりませんでした!
みなさん、いかがお過ごしですか?
ごぶさたしておりましたが、わたしは元気です。
毎日(朝か夕方に)30分ほどの散歩をし、家事をこなし、仕事をし、疲れた時は少しお昼寝し。。。。と過ごしていると、いつのまにか一日が終わっており、この日記を毎日のように書いていたころはいったいどこに時間があったんだろうかと不思議です。
きっとどこかで無理をしていたかもしれません。
(あとは、歳とともに何するにも時間かかってるのかも!)
いまは無理をしない人になってしまったため、こんな状態です。あしからず。


では最近のことを少し。
あいかわらずベランダに来るチュンたちに夢中です(笑)



今朝の光景。
5アサガオ、4チュン。


そして、散歩している遊歩道沿いの川にいるカモの親子のことが気になって仕方ない日々であります。
7月下旬に、まだ生まれて間もないちびカモ9羽がお母さんと泳いでいるところに遭遇。




ひゃ〜、かわいい!
ちゃんと列作ってますね。

でも、やがていつのまに3羽に。
(写真では2羽しか見えませんが)





そして、いまは1羽になりました。





ずいぶん大きくなった!

いなくなった子たちは、ネコやカラスなどにやられたのかもしれません。
自然の中でちゃんと育つのは厳しいんだなあと、散歩しながらショックを受けたり、心配したりの毎日です。
この子には大きくなってもらいたいなあ。


さて、つぎの日記でお仕事のことを少し。
つづく

 
| 日々のできごと | 16:33 | - | - | pookmark |
Cangram
iPhoneに入れているアプリ、Instagramの写真を缶バッジかマグネットにできるCangram。
猫バカマグネット、作りましたよ。




http://cangram.net/



 
| 日々のできごと | 11:35 | - | - | pookmark |
スズメの子育て
ベランダでメジロさん用にミカンを置いていた早春、スズメもときどき来ていました。
でもミカンは食べず、部屋の中の様子をうかがうだけ。





が、4月末くらいからだったでしょうか、しょっちゅうスズメたちがチュンチュンとにぎやかにやってくるようになりました。
なので、雑穀(ヒエとかアワ)や玄米を少しだけ置いてあげたところ、日に日に訪問数が増えて来て、いつのまにかスズメのレストランになってしまったのです。
スズメの間でうわさがながれたんだろうか…








たまにうわさを聞きつけた(かどうかはわからないが)カラスまで!
でも、部屋の中を見ているだけで何も食べず。
カラス、おっきいなー。





毎日やってくるスズメたちを、部屋の中のソファーの陰からそ〜っと双眼鏡でながめ、望遠レンズカメラで撮るストーカーのようなわたし。

スズメにもいろんな子がいて、ずっとチュンチュン言いながら食べている子、その場で偶然居合わせた他のスズメとすぐにケンカする子、あまり動じない子、落ち着かない子。
そんな観察の日々が続きました。


すると、6月に入った頃のこと。
お母さんスズメがヒナを連れて来たのです。





顔が幼くて、ほっぺの黒い模様もまだうすい。
あぁ、かわいいね〜。




お母さんスズメから口移しでごはん。
奇跡のショットです。


そして、半月ほど経ったころから、子スズメたちだけで来るように。
もう、自分ひとりで食べていけるようになったんだね。





いつも2羽か3羽(たぶん兄弟。姉妹?)で。


子スズメがすくすくと育って行くのを見守る毎日ですが、なんとおととい、台風が来る前に6チュン来訪!





ちびっこも混ざってますな。


たぶん、こういうことでしょう。
「カゼガツヨクナッタナ」
「コリャタイフウクルゼ」
「ソノマエニベランダレストランデハラゴシラエダ!」

 
| 日々のできごと | 08:11 | - | - | pookmark |
ねこマフラー
鎌倉にあるお店shironekoさんから、にしおゆきさんの豆人形「ねこマフラー」がやってきた。





左から二番目の小さな子。
左の猫さんよりも右のフクロウよりも小さい。

ではアップで。



ずっとこの豆人形(いろんな洋服の女の子、猫の色、のものがあります。手作りだからひとつひとつ表情も違う)が欲しくて、でもなかなか出あえずにいたのですが、鎌倉在住の友人から「あったよー」と連絡をもらい、すぐにお店に電話をして送ってもらいました。


ねこマフラーという名の通り、猫が肩にのっかってマフラーのようにシッポをからめております。

いまは天国にいるルルさんもポロンも、肩に乗る子でした。
なので、この豆人形を見るとふたりを思い出します。


ニヤ、チャイ、コビーは肩になんて絶対のらないし(乗ったとしても重すぎてわたしの首が痛くなるに違いない)、膝にさえめったに乗りません。
たまには乗っておくれー。

あっ、チャイはシッポが短いからどうしたって「ねこマフラー」はできませぬ。。。。。






 
| 日々のできごと | 14:29 | - | - | pookmark |
<< | 2/40PAGES | >>