CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< カレンダー2021 | main |
個展「そのあとに」1ヶ月後に開催です

1ヶ月後に迫ってきました、個展「そのあとに」。

 

東京・西荻のウレシカさんでは初の個展です。

ウレシカさんが経堂にあった2012年の4月に絵本の原画展をして以来です。

その時は絵本原画を中心に展示し、描き下ろしは小さな絵が確か3点だけ。

 

そしてその直後、私の体にガンが見つかり、辛い治療が始まりました。

まさかの「そのあとに」。

 

でもその闘病があったからこそツイッターで出会った やまぐちめぐみさん。

ウレシカさんがめぐみさんともご縁があったので、私の闘病後の2013年11月、ウレシカ(経堂)の企画で二人展を開催しました。

二人展「トビラ」

二人の共著、絵本「コトリちゃん」の制作のスタートラインでもありました。

 

ところがめぐみさんは病気が少しずつ悪化し、2015年、絵本の原画を描き終える前に他界してしまいました。

残された描きかけの原画に私が加筆し、少し変わった形での共著として絵本「コトリちゃん」は発売されました。(ご存知の方も多いと思います)

なので、2回目の二人展&絵本原画展は、2016年にめぐみさんがこの世にいない形での開催でした。それは今の西荻にあるウレシカさんで。

二人展「そら」の様子はこちら

絵本「コトリちゃん」とめぐみさんのことはこちら

 

めぐみさんが他界した2015年には私の母も他界していて、空き家になった金沢の家に夫と猫たちと移住するというこれまた自分でも驚きの「そのあとに」となり、二人展「そら」を終えた直後に引越しをしました。

 

それから4年半ちょっと。

私は年相応に体力の衰えやいろんなこともありながらも、今のところガンを再発することもなくもうすぐ55歳を迎えようとしています。

いつも心の中にはめぐみさんがいて、ちょっと気弱になった時や不安でたまらない時に、めぐみさんが側で見守ってくれているように感じています。

 

今回ウレシカさんで描き下ろしの個展をすると決まった時から、個展だけれど、めぐみさんとの二人展の続き、、、という気持ちを持っていました。

もちろん一人だし、作品も私の描いたものだけですが、めぐみさんも生きていたら個展をしたかったであろうウレシカさんに、めぐみさんの気持ちも一緒に持っていきたい、そんな気持ちがあります。うまく言えないのですが。

ウレシカさんでは、私が憧れる、そして好きな才能豊かな方々(しかもみなさん私より若い!)が個展をしているので、実のところとてもプレッシャーがあります。私がやっていいのか?という気持ちが湧いて、不安に潰されそうな時もあります。

その度に、めぐみさんのためにも楽しもう!と思って描いています。

 

 

何かと不思議なご縁がある(私が人生の岐路に立つ時に不思議と関わっている)ウレシカさんでの個展タイトルを「そのあとに」と決めたのには、そういうこともあったのです。

 

 

私は基本、あまり過去を振り返らず、未来のことも必要以上に考えないように、猫の生き方を見習って「いま」を楽しんで生きたいと思っているのですが、どうしたって人間には過去や未来もつきまとってしまいます。

しかも、あまり嬉しくない過去があることもあり、今が暗闇にいるのであれば未来を不安に思ってしまうのも人間。

私にも、この先また病気にならないかという不安は常に付きまといます。

でも、どんな時も「そのあと」に少しの光が見えれば、過去がどうであっても今が辛くても、すべてOKだと思っています。

日々の暮らしの中でも

「長い雨のあとに咲くきれいな花を見ると幸せを感じる」

「大好きだったチャイが死んでしまって悲しみの中にいたけれど、時間が経ったそのあとには、チャイとの楽しい思い出を思い出して、チャイと出会ってよかったなあと幸せに思う」

などと、私にも幸せな「そのあとに」は色々あります。

少しでも多くの幸せな「そのあとに」を見つけられたら、きっと人生はもっと楽しくなるかもしれません。

 

。。。と、偉そうなことを書きましたが、作品を見た方がそれぞれに幸せな何かを感じてくれたら光栄です。

そう思って描いています。

 

今回は白い水彩紙に絵の具で描いた絵と、小さな細長いダンボール板に描いた作品を展示予定です。

 

 

このダンボール板は、私が闘病をした2012年からずっと飲んでいるサプリメント(瓶に入ったドリンク)の小箱に入っているダンボールで、「いつかこれに絵を描こうかな」ととってありました。

それを使います。このダンボール自体が私にとっての「そのあとに」です。

 

 

たぶん、ウレシカさんの2階の広い壁を埋め尽くすほどの作品数はできないと思います。

でも1つ1つを楽しんで、色々な想いを込めて、描こうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりごえまり個展「そのあとに」

 

2020.11.5(木)- 16 (月)

open 12:00 - 19:00  closed 火・水曜

 

 

過去の「そのあと」はいま。

いまの「そのあと」は未来。

「そのとき」がもしも暗い森の中にあったとしても、

その先に明るい空が見える場所はきっとある。

 

*DMの絵は「ふたりの森」

 

 

 

 

| 展覧会 | 18:29 | - | - | pookmark |