CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 老猫との暮らし 2 | main | 企画展「20の小鳥 20の祈り」(東京 ・貝の小鳥) >>
「Pinhole のぞきあな」展(ピンポイントギャラリー)

ピンポイントギャラリーが今年の夏、移転しました。

以前の場所から少し歩いた場所。

 

私は残念ながらまだ訪れておらず、、、。

 

その場所で初めての企画展「Pinhole のぞきあな」展に参加します。

いつもそうですが、連なる作家さんたちの名前を見て、なんて豪華メンバーなんだ!と思います。

この中に入れていただけることは嬉しく、感謝しています。

 

今回は直径30センチほどの丸いキャンバスにみなさんが絵を描きます。

 

以下、ピンポイントギャラリーのサイト掲載の文章です。

 

 

ピンポイントギャラリーの名前の由縁はピンホールカメラにあります。

初期のピンホールカメラは、カメラといっても撮影機能はなく、針穴の反対側にある磨りガラスのスクリーンに、景色などを映すだけの装置でした。

それが15世紀頃に様々に改良されて、当時のヨーロッパの画家たちの間で流行しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチが写生に利用したというのは有名な話。
小さい丸のその向こう側の見えそうで見えない世界、秘密めいた謎の世界をそれぞれの作家が丸いキャンバスに表現します。

 

 

 

私が想像の穴の向こうに見たものは「ヒミツノモリ」。

 

 

 

 

キャンバスの側面にも描きました。

 

 

 

今年の9月に京都nowaki さんで開催されたペットショップにいくまえに関連展に向けて石塑粘土で作ったブローチ、オーナメントに初めて金色の絵の具を使いました。

それ以来、金色、面白いな〜とハマっておりまして、今回も使っています。

スキャンした画像、印刷したものでは金色は出ませんが、原画ならではの楽しみ。

 

正面から撮った画像では金色わかりませんよね。

 

角度を変えて撮ってみると、、、、

 

 

 

 

 

このような感じです。

 

 

このブルーも、どうがんばっても画像では原画の色が再現できません。

原画を見ていただけたらうれしいです。

 

ぜひお運びください!

 

 

企画展「Pinhole のぞきあな」展

 

ピンポイントギャラリー

 

2019年12月9日(月)〜12月21日(土)
open : 12時〜19時 土17時まで 日曜休み


※初日12/9のみ 14時〜19時  作品ご希望の方には12時より整理券を配布します。
17時からオープニングパーティ

 

参加作家

あおきひろえ、あべ弘士、網中いづる、飯野和好、植田真、大畑いくの、北見葉胡、こみねゆら、

さこももみ、ささめやゆき、スズキコージ、竹井千佳、田中六大、tupera tupera、寺門孝之、

どいかや、とりごえまり、長谷川義史、ひがしちから、樋上公実子、ひらいたかこ、降矢なな、

堀川理万子、町田尚子、ミロコマチコ、村上康成、矢吹申彦、山口マオ

 

 

 

 

| 展覧会 | 15:55 | - | - | pookmark |