CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< チャリティートートバッグ売上からの寄付金 お知らせ | main | 「Pinhole のぞきあな」展(ピンポイントギャラリー) >>
老猫との暮らし 2

8月のはじめに、ニヤに出た神経症状のことを書いたが、その後のこと。

 

 

 

 

9月中旬に、今度は本格的なてんかん発作が起こった。全身の痙攣。

2〜3分のことだけれど、見守るしかない私にはとても長い時間に感じた。

これが1日に2回。

 

翌日病院へ行き、抗てんかん薬を飲ませることになる。

飲み始めてからは発作は起きなくなったが、常にボーッとしてそのうち呼びかけにも反応しなくなる。

ベッドから滅多に動かなくなり、でもごはんを持っていけば食べる、、、そんな感じだった。

薬の副作用だったのだと思う。

 

その後、セカンドオピニオンもとり、担当の先生とも話し合い、抗てんかん薬を減量していき、今は飲んでいない。

持病の甲状腺ホルモンの薬は、血液検査でT4、FT4の値が基準値を下回っていても、ニヤがちゃんと歩き、食欲もあり、甲状腺機能低下症のような症状ではないなら、数値よりもニヤの状態を重視して、減薬をせずに飲ませることとなる。

それが興奮することを抑え、てんかん発作が起こりにくくすることにも繋がる、、、という考え方で。

 

抗てんかん薬を絶ったあとは、新月の日と満月の2日後に軽いてんかん発作のような症状(寝ているときに急に起き上がり、ヨダレを垂らしてしばらく固まってしまう、興奮して歩く)が出たので、その時1度だけ抗てんかん薬を飲ませ、発作が続かないようにはできている。

 

 

そして、認知症のような症状は、少しずつ悪化しているように感じる。

トイレに行く前後(大であっても小であっても)ニャーニャーと鳴き叫び、うろうろする。

トイレに行って無事用を足すまでものすごく時間がかかる。

用を足した後もしばらく興奮が続き、うろうろしながら鳴き叫ぶ。

 

食欲はあるし、体や脳のためにと思って始めたサプリやハーブのおかげか、毛艶がものすごく良くて体調はいいのだが。

 

 

てんかん発作があり、認知症のような症状が出ているというのは、やはり脳に病気があるのだろうなとは思うけれど、もうそれは仕方ない。

体に負担をかけた(全身麻酔による)MRI検査を受けてもしも腫瘍などが発見されたところで、ネコの脳の手術はそう簡単ではないようだし、何より人間でいえば82歳以上のおじいちゃんにそこまでの負担はかけたくない。

抗がん剤や放射線治療も、免疫を落としてしまうし、人間とは違って自分に病気のことを「がんばって治す」と思わない動物に副作用の大きな治療をさせることは私はしたくない。

私自身が抗がん剤の副作用の辛さを身をもって経験しているし、免疫が落ちて弱ることも知っているので、余計にそう思う。

 

 

ニヤの「今」を受け止めて、その時その時の判断で、ニヤが苦痛ではないように、ニヤが少しでも幸せであるようにしてあげることが私のできることだと思っている。

。。。と文字で書くのは簡単だが、実際、介護は辛い。

 

常に発作が出ないか、気をつけながら日々の生活と仕事をし、気を抜くことができないためこちらが疲労する。

夜、さあ寝よう、、というタイミングで決まって鳴きはじめ、しばらく様子を見なければならないので寝るのが遅くなる、、、などなど。

 

私は両親の介護を経験しないまま両親が他界したので、きっとそこでするはずだった苦労を経験するために神様が私に与えたことなのだろうと思うようにしている。

 

人間、いつになっても新しい勉強と試練が必要なんだな。きっと。

 

 

でも、たまに全てを放り出して、どこかに行ってしまいたいと思う時もある、というのが正直なところ。

それを思い留まることができるのは、猫は何歳になっても可愛いから、私にとっては子供のようなものだから。

 

ので、近所の自然の中を散歩することが気分転換になっている。

 

 

 

 

 

そして、いろいろ考えた最後には、決まって今まで看取ったルルさんやポロンが教えてくれたことを思い出す。

『猫は人間のように自分の先のことを心配はしない。

今日1日美味しいものを食べて暖かい場所で眠れて、飼い主から撫でてもらえたら幸せなんだ』

ということを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は毎日、

「明日も何事もなく、穏やかに健やかに過ごせますように」

と祈るようになった。

 

 

 

 

| ネコ・動物のこと | 15:28 | - | - | pookmark |