CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ペットショップにいくまえに展2019 (ウレシカ)に作品追加 | main |
「いきものたちのうた」- ペットショップにいくまえに 関連展 - (金沢・ギャラリー日色)

今年は ペットショップにいくまえに 関連展 が金沢でも開催されます。

昨年私の個展を開催したギャラリー日色。

 

DMは、フリーペーパー「ペットショップにいくまえに」を描いた絵本作家・どいかや さん。

 

 

DM絵:どいかや

 

あぁ、なんてかわいいのでしょう。

この原画も展示されるってことです。

金沢でかやさんの描き下ろしを見られるなんて(そして買えます)見逃すわけにはいきませんよ!

 

 

参加作家は、石川県在住、富山県在住、石川県に縁がある(金沢美術工芸大学を出た、以前住んでいた)作家さんの他、

関東で活躍している人気作家さん、計9名です。

絵の他、版画、陶作品、九谷焼作品。。。など並ぶ予定です。

 

私は絵を3作品。

 

 

 

「ツワブキ」

 

この季節咲く、ツワブキの花。

我が家の庭では今ツボミがついています。

展覧会会期中には咲くかな。

 

この絵は、先日のブログで書いたように、石川テレビ「新 ふるさと 人と人」で制作しているところを撮影していただきました。

 

*「新 ふるさと 人と人」は今週土曜日(10月5日)18時〜18時15分 放送です。

 石川県でしか見られませんが、見られる方はぜひ!

https://blog.ishikawa-tv.com/furusato/

 

 

 

 

「空き地に咲く」

 

2016年に金沢に戻ってくるまで、神奈川県のマンションに住んでいた。

その近くで出会った親子たち。

生後7ヶ月くらいだったミケちゃん、生後2ヶ月くらいのクロスケとチャトラ。

サビ母さんは、外猫のお世話をしている方により避妊手術を受けていた。

ミケちゃんも避妊手術を受けた後だった。

子猫たちは、楽しそうに木登りをしたり遊びまわり、いつもお母さんのあとをついて歩いていた。

幸せそうだった。

 

ある日軽い気持ちでごはんをあげると、毎日決まった時間にその場所に来るようになり、

ごはんをあげるとはこういうことなのか、責任を持ってごはんをあげなければならないんだなあと、

雨の日も台風の日もあげた。一緒に遊んだりもした。

 

 

チャトラはやがて病気になり、オトナになる前に死んでしまった。

 

クロスケは大きくなったころボス猫に追い払われ、少し遠くに行ってしまい、

何年か後に死んでしまったと外猫のお世話をしていた方から聞いた。

 

サビ母さんは、13〜4年生きた。

 

そして、ミケちゃんは13歳になり少し弱ってきた様子だったころ、私が金沢へUターン移住するのを機に家に迎えた。

悪くなっていた歯を抜くと、またたくさん食べて元気になった。

半年様子を見たところ、他の3匹の家猫たちとうまくやっていけそうだと判断し、金沢へ連れてきた。

今17歳。人間でいえば84歳くらい。

 

猫が外で長く生きるのはとても難しい。

体が強く、運も強い子だけが生き残る。

 

ミケちゃんの弟たちの分も、私はミケちゃんを幸せにしてあげたい。

 

 

 

 

「クロスケ」

 

 

「空き地に咲く」にも登場している黒い子猫。

食が細くて小さかったが、元気に育ち、私にとてもなついてくれて、寒い日はしゃがんだ私のひざに乗ってくるほどだった。

でも当時我が家には、病気を持った猫2匹がいて、クロスケを迎えることは無理だった。

懐いてくれればくれるほど、心が苦しくなった。

そんな葛藤を抱えながら、守ることはできないけれど、見守っていた。

しかし、ボス猫に追い払われて遠くに行ってしまってからは、たまにばったり会うくらいで、

名前を呼んでも来ないようになった。

そして、やがて死んだという噂を聞いたのだ。

 

今でもクロスケを家に迎えなかったことを、後悔をしている。

外で自由に強く生きるよさも尊重したいのだけれど、あれほどなついた子をなぜ迎える、または保護して

里親を探さなかったのかと。

 

人間になつかない外猫を無理やり保護することには、私はあまり賛成できないのだが、

今後こういう出会いがあって、なついた猫がいれば、ちゃんと幸せになるための方法を取ろうと思っている。

 

でも金沢に来てから3年半、そういう出会いはない。

今一緒に暮らす猫4匹を守るのが精一杯だから、神様が出会わないようにしてくれてるのかもしれない。

 

 

今回は「ツワブキ」以外の二つ、実際に私が外で出会った猫たちを思いながら描きました。

ウレシカに追加した作品「リチオ」を描いてから、スイッチが入ってしまい。。。

 

 

 

みなさんの作品、楽しみです。

私は何度か在廊するつもりです。

 

初日(5日)は12時少し前くらいから16時ごろまで在廊予定。

 

そして、20日(日)には私のトークイベントもあります。

いきものとの暮らしの話、色々するつもりです。

大人はもちろん、子供たちにも聞いてもらえたら嬉しいです。

まだ空席はありますので、ぜひ参加申し込みしてください!

申し込み方法の詳細は下記をご覧ください。

 

 

 

「いきものたちのうた」- ペットショップにいくまえに 関連展 -  

 

会場  ギャラリー日色

会期  10月5日(土) - 10月22日(火・祝)

時間  11:00 - 18:00

定休  水曜日

 

● 参加作家(敬称略)

伊藤由紀子  長田恵子  小西由夏 

坂本千明   清水直子  関口彩 

どいかや   Tomomi Fujii      とりごえまり 

 

犬や猫などを家族として迎えたいと思った時に、

飼い主のいない動物をもらい受けるなどの選択肢もあることを知って欲しい。

そんな願いを込めた9名の作家たちによる、いきものをテーマにした展覧会です。

※ この展覧会は、ペットショップにいくまえに 関連展です。

 bikke.jp/pet-ikumae

【 トークイベント 】

とりごえまり 「 いきものとの暮らし 」

日 時:10月20日(日)

    開場 14:30 
    開演 15:00 

    ※ 会場準備のため、14:00以降は展示をご覧いただけません。

     あらかじめご了承ください。

会 場 : ギャラリー 日色  

    石川県金沢市野町3-16-2    

    076-205-6119
    ※ 駐車場は1台のみです。
     お車でお越しの場合は、できるだけ

     お近くのコインパーキングをご利用

     ください。


参加費 : 1,000円
定 員:20名 

対 象:小学生以上
 
【予約方法】
参加ご希望の方は、Hiiroの
webサイトのcontact

より下記の内容を明記の上、お申し込みください。
・お名前(複数名のご予約の場合はすべての方のお名前)
・当日連絡がとれる電話番号

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 14:44 | - | - | pookmark |