CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ペットショップにいくいくまえに展 2018(東京・ウレシカ) | main |
宮沢賢治展「雨粒のヒカリ」(wtagumo舎)

9月に参加する企画展、3つ目です。

 

宮沢賢治展「雨粒のヒカリ」。

5月に個展を開きました、高松市のwatagumo舎さんで開催です。

 

この展覧会にお誘いいただいた時、watagumo舎の上林さんから、宮沢賢治の「何と云はれても」という詩を教えていただきました。

恥ずかしながら、私はこの詩を知りませんでした。

 

 

「何と云はれても」

 

何と云はれても

わたくしはひかる水玉

冷たい雫

すきとほった雨つぶを

枝いっぱいにみてた

若い山ぐみの木なのである

 

 

この詩からイメージした絵を描きました。

詩の内容を絵にしたのではなく、”イメージ ”です。

 

 

 

私もこの詩の山ぐみの木のように、

誰に何と言われても、どう思われても、

自分の信念、自分の生き方に自信を持ち、

些細なことで動揺しないどっしりと構えた人になりたいです。

まだまだ修行が足りません。。。

 

 

 

 

 

「何ト云ハレテモ」

 

額サイズ 315mm × 385mm

絵のサイズ 165mm × 240mm

 

ボール紙にアクリル絵の具

 

 

 

 

DMの絵は、くまのひでのぶ さん。

 

 

ぜひお運びください。

 

 

宮沢賢治展

「雨粒のヒカリ」

 

9月21日(金)〜30日(日) 11時〜18時

 

参加作家:

青の羊

越後しの

くまのひでのぶ

とりごえまり

松村真依子

若林哲博

雪ガラス

 

wataguymo舎 にて

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 16:48 | - | - | pookmark |