CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 石川県立中央病院 小児科アートワーク 6(入院病棟 2) | main | 今年をふりかえる 2017 >>
石川県立中央病院 小児科アートワーク 7  あとがき

以上、石川県立中央病院 小児科アートワークについて長々と投稿させていただきました。

 

1回目の投稿から、カテゴリー「石川県立中央病院 小児科アートワーク」で全てが読めますので、ご興味を持っていただいた方はご覧ください。

 

 

いろんなことが起こり、大変でしたが、この仕事に関わることができたことに感謝しています。

 

迷ったり、難しかったのは、絵本や挿絵の仕事とは違い、『気に入った人が選んで買う』ための絵ではなく、選ぶことができずにその病院では絵を見ること、絵が描かれた病室に入院するということでした。

その場所を利用する子が『いやだー』『こわいー』というマイナスの感情を持ってしまっては困るということです。

かといって、万人に受けるようなものを意識するのは違うしできないこと、キャラクターグッズのような可愛さのものにはしたくない、そんないろんな気持ちが交錯しました。

 

そういうことを全て消化できたのか、私にその力があったのか、本当のところ自信はありません。

全てが初めてのことで、自分を信じて進むしかなかった。

 

経験の少なさ、力の足りないことを思いました。

もっともっと、力をつけたいと思いました。

 

 

その上で、もしまたこのような病気の子どもたちのためにできる仕事があれば、ぜひやりたいと思っています。

もちろん、そんな依頼があったらの話ですが。

 

そして、自分が5年前に大病をしたことで、病気を持つ人の気持ちを知れたことをこういう形で生かすことができたこと、幸せに思います。

やはり、自分の身に起こることには全て意味があるのかもしれません。

 

 

長々と読んで見てくださった方々、ありがとうございました。

 

 

 

| 石川県立中央病院 小児科アートワーク | 23:12 | - | - | pookmark |