CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 石川県立中央病院 小児科アートワーク 3(外来・待合 その2) | main | 石川県立中央病院 小児科アートワーク 5(入院病棟 1) >>
石川県立中央病院 小児科アートワーク 4(外来・診察室横サイン)

前回に続き、小児科外来のアートワークです。

 

待合壁の正面には小児内科・外科の診察室(処置室含む)が9室あります。

各ドアの横にはそれぞれサイン(案内板)が設置されており、部屋番号、担当医師などの表示があります。

その案内板の下部にも、私の絵を入れたいと依頼されました。

条件として、いしかわ動物園にいる動物、のとじま水族館にいる魚、白山市の昆虫館にいる昆虫を必ず入れて描いて欲しいというものがありました。

 

”クマさんの部屋” ”うさぎさんの部屋” というふうに、1匹ずつ違う動物や魚を描くだけではなく、1番の部屋には1匹、2番の部屋には2匹、、、というのがおもしろいのではと提案をしました。

数を数える絵本があるように、数えることを覚えた小さな子は、9匹までなら数えられると思います。

まだ数えられない子も、親御さんと一緒に待ち時間に数えて会話が弾みます。

退屈で不安な待ち時間に、ドア横の絵にそんな遊びがあるともしも気づいてくれたら、その時間も少しは楽しくなるかなと考えました。

 

そして、その絵の中にも、小さく部屋番号の数字が絵の一部として入っていたら、数字を読める子は、見つけてうれしくなるかもしれません。

 

 

 

 

手前から1番の部屋です。

 

*サイン(案内板)上部の青色は、病院全体で方角により統一した色を使用されていてこれは「藍」。

「加賀五彩」(臙脂、藍、黄土、草、古代紫)が使われています。

 

 

 

 

 

では1番からご紹介。

 

 

 

 

1番。

ゾウが1頭。

鼻の先にのっけたリンゴには数字の1。

(リンゴの皮を1の形で削ったつもり)

 

 

 

2番。

クマが2頭(親子)。

ハチミツが入った壺には数字の2。

(ハチミツで2と描かれているつもり)

 

 

 

3番。

レッサーパンダが3匹。(親子)

真ん中の子どもがくわえた葉っぱには数字の3の穴が空いています。

 

 

 

4番。

ペンギンが4羽。

右下の赤ちゃんが乗った石に4の模様。

 

 

 

5番。

ウサギが5羽。

左下のお母さんウサギが持っているニンジンに5の形の虫食いがあります。

 

 

 

6番。

リスザルが6匹。

一番上で親の背中に乗った子が手に持った葉っぱには、6の形の穴。

 

 

 

7番。

いろいろな昆虫が7匹。

左下にいるカミキリムシ(ルリボシカミキリ)が葉っぱを7の形にかじりました。

 

 

 

8番。

いろいろな魚が8匹。

コンゴウフグが口から8の形の泡を出してくれました。

 

 

 

9番。

この部屋(緊急時、感染症対応の部屋)に限り、「9番はカバにして欲しい」という病院からの要望がありました。

現在の県立中央病院でもこの部屋はカバのマークがあるそうで、継続したいとのこと。

 

コビトカバ2匹と小鳥たち7羽、合わせて9。

飛んでいる小鳥がくわえた草が9の字になっています。

 

 

 

次は、4階の小児病棟(入院病棟)のアートワークをご紹介させていただきます。

 

 

 

| 石川県立中央病院 小児科アートワーク | 16:00 | - | - | pookmark |