CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< システムバス (ノーリツ)「スペシャルアートウォール2017」 | main | 絵の通信販売について >>
企画展「この空の下 動物たち」(watagumo舎)

やっと春らしくなり、

我が家の庭の木々や花たちも、遅れをとり戻そうとしているかのように勢いよく成長しています。

でも暖かくなったり、また寒くなったりで、寒い日はまだ暖房をつける日も。

4月後半とは思えません。

 

 

参加する企画展のお知らせです。

 

高松市のwatagumo舎さんで開催の「この空の下 動物たち」。

何を描こうかなあ、

どんなふうに描こうかなあ…

いろいろ考えた末に、はじめての試みをしてみました。

 

 

今、進行中の仕事で、透明あるいは半透明のアクリル板に絵をペイント、またはプリントしたレリーフを壁面につけるという提案をしています。

できるかどうか、まだはっきり答えが返ってきていませんが、アクリル板に直接絵を描くにはどうしたらいいか、透明アクリルという特徴を生かして何かおもしろいことを出来ないか…など考えながら、試し描き用にもらったアクリル板で試し始めているところです。

アクリル絵の具を定着しやすくするためのプライマー(下塗り)をスプレーし、筆でペイント。

その上から保護用ワニスをスプレー。

そういう知識もなかった私が、業者さんに相談しながらやってみています。

 

そこで、今回の作品もその試みをしました。

 

まず透明アクリル板で作られたフォトフレームを購入。

そこに絵を描きました。

 

 

 

偶然この絵を机の上にあった絵本の表紙の上に置いたとき、

『あら、おもしろいじゃないの』と思い立ち、背景を別の紙に描き透明アクリル板の下に入れてみることに。

その絵はアクリル板に描いたようなタッチでは、あえて素材を変えたり、別々に描く意味がないよなあ、、、と、はじめて消しゴムハンコというものを取り入れてみることに。

とはいえ、それを作品にしている作家さんのように消しゴムハンコ用の大きなゴムを買って実行する時間がもうない!

なので、コンビニで普通の消しゴム(トンボ鉛筆のmono)を買い、小さなハンコを作りました。

 

そのハンコとスポンジを使って描いた背景が、これ。

ボール紙(白ボールの表)にペタペタと。

 

 

 

 

この上にアクリル板に描いたヒョウを置くと、

 

 

 

 

おぉ、なんだかはじめての感じだ。

 

 

 

これで楽しくなってしまい、ホントは仕事のことを考えるともうひとつ作品を作る時間はないのだけれど、どうしてももう1枚作ってみたくなり、2枚目は最初から背景の絵があるという想定で考え始めました。

 

まずは背景、ボール紙(白ボールの裏)にペイント、その上から木の形に削った消しゴムハンコをスタンプ。

 

 

 

 

それからアクリル板にペイント。

 

 

 

オオカミ。

これは描いたあとの保護用ワニススプレーを半つや消しにしました。

なので、背景の絵の上に重ねると、少し霧がかかったかんじ、落ち着いたかんじに。

 

 

 

「月とオオカミ」

 

 

このやり方で、仕事の方にも応用できるんじゃなかろうか。。。など、楽しくなってきました。

仕事ではやいろんな規制や事情がからむため、そううまくできるかはわかりませんが。

 

ちなみに、今回作ってペタペタした消しゴムハンコはこれ。

 

 

 

 

 

最後の仕上げは、下から順に背景のボール紙、絵をペイントした透明アクリル板、もう1枚透明アクリル板、これらを重ねて金具で留め、もともとのフォトフレーム形状にします。

 

 

 

 

「ヒョウ」

130mm×170mm

 

 

 

 

「月とオオカミ」

195mm×145mm

 

 

2つ並べると、

 

 

 

 

初めての試みなので、

いつも紙に描いて額装した作品より少し価格を落として販売しようと思います。

(といっても、少しです)

 

 

 

高松に近い方、またはゴールデンウィークにそちら方面に旅行に行く予定の方、

ぜひおたちよりください!

 

 

 

 

 

(DM イラスト・デザイン 高橋キンタローさん)

 

 

「この空の下 動物たち」

 

2017年4月27日(木)〜5月9日(火)

 

*参加作家(敬称略)

ao11 

青の羊

足田メロウ

くまのひでのぶ

ささきめぐみ

[sonu]

高橋キンタロー

cupiporo

とりごえまり

トリノコ

higuma

viva viva jewel studio 京都

藤田商店

堀歩三子

yuuco

Lycka

RORO

 

 


watagumo舎

香川県高松市花園町3-7-17
open 11:00〜18:00  close 水曜日


http://watagumosya.com/access.html

Twitter https://mobile.twitter.com/plumno_mado​
Facebook https://www.facebook.com/watagumosya​
Instagram http://www.pikore.com/watagumosya

 

 

 

| 展覧会 | 20:00 | - | - | pookmark |