CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今年をふりかえる 2016年 (わたし篇) | main | 《復刻名画Pinpointキネマトグラフ》展 >>
「いとしの猫展」(watagumo舎)

今年に入ってから一度も更新していませんでした!

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、2017年最初の参加企画展のお知らせです。

 

昨年も何度もお世話になった高松市のwatagumo舎さんでの「いとしの猫展」に、絵画作品を2点出展します。

 

ひとつは青い絵を描きました。

今年に入ってから青い絵を描きたいなあと思っていたのです。

 

 

「雪の日のおひっこし」

 

アクリル絵の具

 

 

最近読んだ本『私の暮らしかた』(大貫妙子 著)の中に、大貫さんの家のお庭に来て住み着くネコたちの話がありました。

子どもを生み、その子猫を連れて引越しをする様子も。

 

その様子を想像したら、かわいいなあと思っていたので、この絵が浮かんだのだと思います。

 

 

もうひとつはモデルが我が家の野鳥の会会長コビー。

野鳥の会会長ってなんのこと?と思われている方に簡単に説明しますと。。。

 

昨年冬になったころ、庭にバードフィーダーを作りました。

でもなかなかお客は来ないまま年を越しました。

が、しかし!年が明けてまもなく、最初はその横にあるサカキの木とトキワサンザシの木の実を食べに、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキが来るように。

 

 

 

やがて、雪が降ってみなさん食べ物に困ったのか、急にたくさん来るようになったのです。

ついにバードフィーダーのミカンを食べにメジロも!

 

 

 

 

私はもちろんのこと、鳥好きのコビーは毎日日が暮れるまで観察し、シッポをブンブンふる興奮の日々がはじまりました。

 

 

 

なので、ある日「野鳥の会(とりごえ家支部)」を発足、会員証を作りました。

 

 

 

会員番号1はコビーに譲って上げました。

私は2番。

 

あ、つい前置きが長くなりましたね。

 

 

その会長と、ネコ雪だるまの絵です。

ネコ雪だるまは、今年雪が結構積もった日に私が作った雪だるま。

これです。

 

 

芽と鼻はヒャクリョウの実。

目と口の線は盆栽などで使う焦げ茶色のやわらかい針金。

ヒゲは庭掃除用のほうきからちょっと切り取りました。

 

 

 

「猫とネコ雪だるま」

 

アクリル絵の具

 

 

 

 

額に入れるとこんな感じです。

「雪の日のおひっこし」のブルーがこの写真と原画では少し違いますが。

最初に載せた絵の写真のブルーが近いかな。でも違うんですよね…

 

 

高松市にお近い方は、ぜひお運びください!

できたら原画を観ていただきたいです。

会期中に嫁ぎ先が決まらなかった場合は、後日通販サイトにアップされると思いますので、その場合はお問い合わせください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

DMの絵は片岡まみこさん。

 

 

「いとしの猫展」

 

2月2日(木)〜7日(火)

 

可愛くていとしい猫たちが沢山並びます

 

猫の絵画・版画・フェルト作品

木彫作品・ブローチ

マトリョーシカ・本

おかし工房Botanさんの焼き菓子

 

 

watagumo舎

香川県高松市花園町3-7-17
open 11:00〜18:00  close 水曜日


http://watagumosya.com/access.html

Twitter https://mobile.twitter.com/plumno_mado​
Facebook https://www.facebook.com/watagumosya​
Instagram http://www.pikore.com/watagumosya
 

 

 

| 展覧会 | 17:01 | - | - | pookmark |