CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ちょっと思う日々のこと | main | 「ペットショップにいくまえに展」2016 >>
ビアトリクス・ポターへの絵手紙

世界中の絵本好きなら(きっと絵本がとくに好きでなくても)知っている、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポター。

今年生誕150周年を迎えるそうです。

それに合わせたイベントがいろいろとあるようですよ。

 

そして月刊MOE9月号でもピーターラビット巻頭大特集。

 

 

(おしり出演:ミケちゃん)

 

 

その中の『ポターに贈る人気絵本作家からの絵手紙』というページに、私も描かせていただきました。

人気絵本作家、に私も入れていただいて申し訳ない気持ちでいっぱいではありますが。

私の他、酒井駒子さん、きくちちきさん、どいかやさん(この3人はホンモノの人気絵本作家!)が描かれています。

 

 

 

 

私は、「りすのナトキン」の代筆をつとめました。

あの生意気で行いの悪いナトキンが、ビアトリクスに感謝の言葉を!

 

*絵の中の英文は、フランスのお仕事でもメールなどの翻訳のお手伝いをしてもらっているニュージーランド在住の友人に相談し、書きました。

 

 

 

 

このお仕事を依頼していただいたとき、もちろんポターの絵本、ポターのことはいままでも特集されていたMOEで読んだりしてだいたいは知っていたものの、それほど詳しくポターの人となりを知っていないかも知れない、、、と思いました。

ポターへのメッセージを描くのだから、もっと知ってから描いた方がいいかなと、『ビアトリクス・ポター  描き、語り、田園をいつくしんだ人』(福音館書店)という本と映画『MISS POTTER』のDVDを購入しました。

 

 

 

 

本を読み映画を観て(絵手紙を描く時間よりもこちらの時間が長かった、笑)、いままで以上にポターを好きになり、共感出来るところがたくさんある、私にとって大好きな尊敬できる女性となりました。

波瀾万丈の人生だったところも、つい自分と重ねてしまいました。

 

私は金沢へ引越し、庭に新しく木を植えたり花を植えたりし、そこに訪れる虫やカエルやトカゲたちを日々観察する生活になりました。アシナガバチも植木に巣を作って子育てしています。こちらが友好的に接すると、ハチもいまのところ攻撃はしません。

庭でバッタリあった虫やカエルが驚いてにげたときに「ごめん、ごめん」と言っているちょっと傍から見ると変かもしれない人になっています。

なので、小さな頃から毛虫から野うさぎまで、イキモノたちが友達で、観察やスケッチをしていたポターをとても身近に感じることができたのです。

きっと、まだマンション暮らしの私だったら、また少し違った絵手紙を描いたのかもしれません。

(とはいえ、その絵手紙に直接そういう影響がでているのかどうかはわかりませんが)

 

 

 

 

MOEを開く機会がありましたら、ぜひ見て下さい。

 

 

そして、その4作家の絵手紙の原画は、三越札幌店(9月21日〜10月3日)を皮切りに全国の百貨店を巡回する「ピーターラビットの世界展」にて、展示される予定です。

今後の巡回先などの情報は、ピーターラビット日本公式サイトでチェックできるそうです。

 

金沢も巡回してくれたらうれしいなあ。。。。

 

 

 

 

| 仕事・作品 | 15:17 | - | - | pookmark |