CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< クウネルくん手ぬぐい | main | 必要なもの >>
『まもってあげる』布絵本
3月の震災後、ラジオパーソナリティ・玉川美沙さんが企画し、わたしが文と絵を担当したダウンロード絵本『まもってあげる』が、布絵本になりました。
埼玉の布絵本ボランティア「ふわふわ」さんが作って下さいました。

全てのページの絵と文が、布と糸によって作られている絵本です。
文章も刺繍です。
ひと針ひと針時間をかけて、作って下さいました。


ボランティアの代表、高橋さんとの出会いは2009年に埼玉県鴻巣市・吹上図書館で行なわれたわたしの講演会でした。娘さんといっしょにいらっしゃっていました。
高橋さん親子と再会したのは、今年の6月、東京おもちゃ美術館でのトーク&読み聞かせのとき。
そのとき、『まもってあげる』を布絵本にして図書館で貸し出しをしたい…というお話をいただきました。
『まもってあげる』をできるだけたくさんの人たちに見てもらいたいとおっしゃってくださり、とてもうれしく思いました。
玉川さんも快諾してくださり、その後、試作の段階で高橋さんとわたしの間でのやりとりを経て、完成にいたりました。

12月1日、鴻巣中央図書館で貸し出しが始まります。
お披露目のときに、わたしの他の絵本も紹介してくださるとのこと。
感謝、感謝です。

なんと、この鴻巣中央図書館の司書さんで、今回この布絵本のことでやりとりをしている樋口さんは、2009年の講演会のとき吹上図書館に務めていらしゃった方。
またまた、ご縁がつながりました。

こういう、自分たちの作ったものにこめた想いを、まわりの方がご自身の想いもいっしょにプラスしてまた違った形で広げてくれたとき、なんともいえない感動をかんじます。
いろんな方の想いや力にささえられているんだなあと、あらためて思います。

完成したものの写真を送っていただいたので、載せさせていただきます。










布絵本は、写真右上の布バッグに入って貸し出されるそうです。
バッグの裏側についているポケットには、玉川さんとわたしからのメッセージも入っています。


鴻巣中央図書館に近い方は、ぜひご覧になってください!
きっと、布からあたたかい気持ちが伝わると思いますよ。



☆布絵本ボランティア「ふわふわ」さんは、他に「ももんちゃん」(とよたかずひこさん)の布絵本なども作っていらっしゃいます。






| とりたま作戦 | 22:08 | - | - | pookmark |