CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< FreePetsからの要望書 ー警戒区域の動物たちを救うためにー 追記あり | main | 立夏に。 >>
知ること、考えること
世間ではゴールデンウィークのまん中あたり?
いや、もう後半なのだろうか?

我が家はあまり関係ないため、いつも通りなのであるが、一歩外へ出るとそのお休みな空気が伝わってきて、いまひとつやる気に欠ける。
あぁ、でもお仕事もあるし、他にもやることいっぱいだよなあと考えるとどきどきしてしまうここ数日です。


まだまだな被災地の状況や、そこの動物たちの命のことや、これからの日本のことを考えると、どうしたってウキウキした気分にはなれない。
かといって、自分のやるべきことや日常のことを大切に生活しなくてはならないので、くよくよするのもよくない。

いっそのこと、面倒なことや悲しいこと、不安なことから目をそらしちゃおうかなあ・・と弱気になる日もある。
そうしたら、どんなに楽か。

でも、いま起こっていることを、ちゃんと目を開いて見て、目をそらさず、耳もふさがず、自分はどう思うか感じるかを受け止めることは、やっぱり大切だよなあと思い直す。

真実を知って、向き合うか、向き合わないかで、これからの自分の生き方が変わるような気がするのですよ。

だから、向き合おう。

友人が「あまり被災者の気持ちに寄り添うと、震災うつになるから気をつけて」と言ってくれた。
そうね、それは気をつけなくてはいけない。
でも、たぶんわたしは大丈夫。
大丈夫な範囲で向き合おう。


そんな日々の心をささえてくれるのは、やはり命あるもの。
一番近くにいる夫とネコや魚と植物たち。
ベランダで花をいじってると、元気になるのですよね、不思議なことに。

だからよけいに、そんなふうに人間を助けてくれる動物たちや地球の生き物たちみんなが、安心して暮らせる場所でなければならないと、また強い気持ちがわいてきます。









☆先日の日記で書いた、「Free Pets からの緊急提言」、たぶんこの日記を見て賛同人となってくださった方もいるようです。知っている方の名前を見つけてうれしくなりました。
ありがとうございます。(わたしがお礼を言うのは変かしら?)
現在、6000人近くが賛同されているようです。
そして、そのサイトに、ペットを避難させる状況がどうなってきたか・・・などのニュースが載せられています。
そして、そこにはこう記されています。

「どうか本日よりご賛同人の一人として、最後の一匹が助かるまで、国の対応に目を注ぎ続け、一人でも多くの方にこの現状を知っていただくよう働きかけをお願いいたします。」

賛同なさった方は、最後まで現状を見続け、発信しましょう。
思い続けるって、たいへんなことですけどね。






| ちょっと思うこと | 19:02 | - | - | pookmark |