CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『スイミー』に学ぶ | main | 避難所の子どもたちからの絵 >>
自分の無力
毎日いろんなことをものすごく考える、こんなの45年半の人生で初めてかもしれない。
知恵熱でそうですよ。

福島で起こっていることや原発のこと、日本のこれからのこと、無関心でいれば、それはそれで今まで通り楽に生活できるのかもしれない。
そうすれば何もかわらずに、楽しい映画を観たり、絵本やネコのことだけ考えていられるのかもしれない。

でも、そうはいかないのですよ。
見て見ないふりはできないし、もう普通ではないできごとひとつひとつに、自分はどう思うのか、どういう意見を持ってるのか、はっきりしたいと思う。
何に対しても賛成か反対か、ふたつの意見があるのはあたりまえかもしれないけれど、『どっちでもいいよ』や『よくわからない』は、大人として選びたくない。


などと、決意して、できるだけ自分の意見を言おう、はっきりしようと思うけれど、実際に何かを変えたり誰かを救うために、直接自分の力でどうにかすることはできない。

『わたしは今、こんなに自分の部屋にこもって仕事ばかりしていていいのかなあ』と、落ち込むこともある。
被災地に行って、何かできることがあるならば、行きたい・・とも思う。
でも、仕事や生活をほったらかしにして、行けないのが現実。
きっとそういう方が多いと思う。


今日一番のショックなできごと。
原発の「警戒区域」が設定表明され、20キロ圏内には立ち入り禁止となる。
→22日の0時になると決定したようです。


人間の命を守ることが優先されたこの表明は、まだ保護されていない動物たち、家畜たちを見捨てることになる。
保護活動をなさっていた方々や、救えないのなら家畜たちにせめて安楽死を…と活動なさっている獣医さんたちも、入れなくなる。
なんとか、活動をされている方々だけでも、もうしばらく入れるようにしてもらいたい。
人間以外の命の行方を見届けてから、封鎖してほしい。
でも、わたしはそう願い、願いをたくすしかできずに、落ち込むのです。
どうしたらいいのだろう。
原子力安全保安院や、福島の自治体に、意見を送れば少しは役立つだろうか。

はあ、ちょっと愚痴ですねえ。すみません。


せめて、動物たちを守ろうと奮闘している方々のことを知ってほしいので、活動なさっている獣医さんのブログをリンク。




とにかく、悲しい現実や面倒なことから、目を背けることだけは避けようと思います。
そして、どう思うかを伝えること。
それが、まずはできること。







| ちょっと思うこと | 23:14 | - | - | pookmark |