CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 金魚の稚魚たちは今 | main | 映画『パコと魔法の絵本』 >>
賭けに負けました
また引き続き魚のお話。
金魚が住む120センチ水槽。今日は水を濾過している外部フィルターのタンクを掃除する日だった。1ヶ月に一回のメンテナンス。

『フタを開けたら、また中に稚魚が泳いでるのかなあ・・・』
そう思うと、複雑なドキドキがある。
朝、夫と賭けをした。
「さあ、何匹いるでしょう」
「3匹に一万円!」と夫。
「じゃあ、1匹!」
わたしの答えには、1匹であってほしいという願望が含まれていた。

そして、夫が出かけた後、タンクのフタを開け、中の水を少しずつバケツに入れ、注意深く捨てて行く。
2匹発見!
またですか・・・という気持ちと、ちょっとうれしいような気持ちが混ざった複雑な心境であった。これ以上増えては困るのだけれど、やっぱり誕生した命を見ると、不思議とうれしい気持ちもわいてくる。
そして、タンクの底の方の汚れがたまった部分をバケツに流すと、なんともう1匹。
計3匹いらっしゃいました。

賭けはわたしの負けである。
仕方ない、約束だしな・・と夫が帰る前に、机にこれをおく。



アホな夫婦だ。
金魚の稚魚に1万円・・・まあ、家庭の中でお金が移動するだけなんですけどね。

チビチビたちは、育つかどうかわからないが、小さな水槽に。







金魚が1回にいくつくらい卵を産むのかわからないが、ほとんどは自分たちや他の魚が食べてしまう。
その中で、食べられずにフィルターに吸い込まれ、タンクの中で孵化し、育っているのが1ヶ月に2〜3匹。そう考えると奇跡のコなんだよなあ。
だから、流してしまうわけにはいかないのである。
我が家が金魚にのっとられるのも、そう遠くはないかもしれない。



| 魚たち | 01:36 | - | - | pookmark |