CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 個展最終日 | main | ありふれた幸せ >>
個展を終えて
個展を終え、久しぶりに緊張感がなくなったからか、今朝はネコさんたちからの『腹減ったにゃ〜』攻撃にも気づかず、起きたら10時半を過ぎていた。
人間は不思議だ。気を張っていると、朝早くに目覚め、疲れも感じず元気だ。
はあ〜終わった〜と気を抜くと、とたんに疲れが出てくる。
ほんとは、水曜日までの仕事を今日もテキパキやるつもりだったのだが、ダメダメな人になってしまった。


今年の個展は、いろいろな事を考えた。
『何のために個展をするんだろう』と、期間中何度も考えた。
個展に向けて絵を描いているときは、ただただ描きたくて、楽しくて、ときどき苦しくて、一生懸命だったから、そんな疑問は持たなかったのに。

ギャラリーに絵が飾られ、いろんな人が見てくれる。
もともとわたしの絵本を好きで来てくれた人。たまたま通りがかって、ポスターにひかれた人。ギャラリーのホームページや雑誌で見て興味を持ってくれた人。以前同じ会社でいっしょに働いた人。美大からの友人。お仕事でお世話になっている人。
ゆっくり、じっくり見てくれる人。さ〜っと流して見る人。
感想を言ってくれる人。無言で去って行く人。
絵を買ってくれる人。絵本を買ってくれる人。ポストカードを買ってくれる人。
さまざまな人に出会う六日間。
いろんな反応に出会うたび、うれしくなったり、ちょっと落ち込んだりもする。
自分がいいと思って描いている世界が、これでいいのかどうか、自信がなくなるときもある。
逆に自信をもてたときもある。
そんないろいろな想いが、ぐるぐると頭と心の中をまわっていた。


そして、個展を終えて思ったこと。
これからも、描きたいように描こう。
新しく表現したいことがでてきたら、また個展を開いて発信しよう。
発信すれば、何かが見えて、何かが動く。それがいい方向に動く保証はないけれど、何も発信しないでいるよりはきっと何かが変わる。

今回は、この個展で描きおろした作品の世界が、絵本になりそうな光が見えたので、いい方向に動いたように思う。
同時に、今までの絵本の世界も、大事にしていこうと思えた。

そして、自分にとって大切なものが見えた。
いつも見に来てくれる友人や知人がいることが、どんなに幸せな事かということをつくづく感じた。
久しぶりに会った友人と語る時間は、幸せだった。なぜか、人生について考えさせられる話がいっぱいあった。笑顔で元気そうにしている人も、それぞれ悩みや苦しみを抱いていることがわかった。なぜ、個展会場で?と不思議ではあるが。
もう何年も会っていなかった、わたしが27歳までいた会社の社長(今は引退されているが)にDMを出した。社長には当時とってもかわいがってもらっていたので、がんばっていることを見てもらいたかったのだが、絵本作家デビューして13年目にしてやっとご招待できる気持ちになったのだった。社長は奥様と来て下さった。病気の後遺症で、足が少し不自由なため、残念ながら急ならせん階段を下りることができず、大変申し訳ないことをしたのだけれど、「元気そうだな」と言ってくれた声を思い出すと今も涙がでそうになる。
わたしの本をいつも本屋さんで探してくれていたそうだ。離れていても、ずっと会っていなくても、自分のことを考えていてくれる人がいる。なんて幸せなことなんだろうと思った。

そんな、いろんな意味でとっても考えさせられた個展だった。


個展に足を運んでくださった方々へ
「ほんとうにありがとうございました。」





| 個展2008 | 23:49 | - | - | pookmark |