CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
小さな展覧会「小鳥夜曲」(東京・貝の小鳥)

展覧会のお知らせが続きます。

 

今年も貝の小鳥さん(東京・目白)の冬の小さな展覧会に参加させていただきます。

この展覧会が始まるころになると、あぁ今年もあと少しなんだなあと感じます。

 

 

「小鳥夜曲」

 

12月に聴こえる

10羽のセレナーデ

クリスマスを待つ

小鳥たちの歌から

生まれた色が

愛を奏でます

 

(フライヤーに書かれた文です)

 

 

 

*フライヤーの絵は伊藤夏紀さん

 

貝の小鳥さんの店長さんが考える冬の小さな展覧会名、毎年素晴らしいなあと感動します。

文章も素晴らしい。

いつもその展覧会名と文章からイメージが広がり、絵を描く気持ちが膨らみます。

 

 

 

私は今回、今開催中の金沢での個展と二人展の制作の関係で、新作は1点のみ描き下ろしました。

 

 

 

「舟と歌う」

 

この展覧会に向けて絵を描こう、、と思いながら眠りについた夜、すぐに夢の入り口で黄色い舟が浮かぶ光景が頭に浮かび目が覚めました。(年に数回ある現象)

飛び起きてメモ用紙に簡単に描き、次の日黄色い舟を白い紙に一艘浮かべました。

そこからはイメージが広がるままに描いたので、ここが海なのか夜空なのか、私にもわかりません。

 

 

開催中の個展と工房イサドさんとの二人展で、黄色い羽を持つ小鳥がいくつもの作品に登場します。

今年の夏の終わりに、実際に出会った小鳥です。

 

そして、その黄色い小鳥は私の中で物語の主人公となり、今も物語は続いています。

 

この作品の左にも、幻のように透き通った黄色い小鳥が羽ばたいています。

 

 

 

 

「瑠璃色」

 

昨年の冬の展覧会「冬鳥慈色」に出品した2点のうち、出会いがなかった「瑠璃色」という作品もまた今年飾っていただけます。

昨年見逃した、という方はぜひご覧ください。

昨年見たよ、、、という方は、1年ぶりの再会をしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

「小鳥夜曲」

 

12月5日(水)〜12月25日(火)

11時から18時まで 

火曜定休(25日を除く)

 

 

アヤ井アキコ

飯野まき

イシイリョウコ

伊藤夏紀

Gera!

こみねゆら

さとうゆうすけ

タカハシカエ

とりごえまり

芳野

 

 

貝の小鳥

 

東京都新宿区下落合3丁目18-10

 

 

 

 

| 展覧会 | 18:19 | - | - | pookmark |
今週からはじまります

金沢での二人展、個展、今週からはじまりますので、改めてお知らせです。

 

 

 

 

とりごえまり+工房イサド 展

 

古い建具や古材を使った工房イサドさんの額からイメージを広げた

絵を描き下ろしました。

その他工房イサドさんの木工品も展示販売いたします。

 

工房イサドさんの小物(ドライフラワーベースやカッティングボード、プレートなど)は全国いろんな場所で人気があり、なかなか買えません。

金沢での展示販売は初めて。

貴重な機会ですのでぜひ!

 

◎期間限定ゆみゆみグラノーラ(パッケージがとりごえまりの絵)販売予定

 

 

11月23日(金・祝)〜12月3日(月) 会期中は無休

11:00 - 19:00

 

Collabon (コラボン)

 

石川県金沢市安江町1-14

 

http://www.collabon.com

 

 

 

 

 

とりごえまり個展「うつろう」

 

 

春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、

そしてまた新しい春へと季節はうつろう。

色はうつろい、光もうつろう。

いまも、これからも、

ずっと。

 

 

金沢での自然と季節のうつろいの中で生まれた作品を、展示・販売いたします。

 

11月24日(土)〜12月24日(月)

11:00-18:00 火曜休

 

ギャラリー日色

 

石川県金沢市野町3-16-2

 

https://hiiro-g.com

 

◎ 描き下ろし作品のほか、石川県立中央病院小児科のアートワークに使用した原画、ノーリツのシステムバス壁面の原画も展示(希望者あれば販売)する予定です。

 

 

 

 

*二つ同時開催と言っても、期間が少し違いますのでご注意ください。

どちらも一緒にご覧いただけるのは、11月24日(土)〜12月3日(月)になります。

その間、個展(ギャラリー日色)は11月27日(火)が定休日となります。

 

*どちらも初日は在廊予定です。在廊時間、その他の在廊日については、その都度SNSでお知らせいたします。

 

 

 

| 展覧会 | 12:11 | - | - | pookmark |
とりごえまり+工房イサド 展(金沢・コラボン)

ひとつ前の記事に書いた個展と同時開催(始まる日と開催期間は違います。ご注意を!)なのは、「とりごえまり+工房イサド 展」。

 

工房イサドさんが作った額に、私が描いた絵を入れて展示・販売。

そして、イサドさんの木工品も展示・販売します。

 

まずはイサドさんの額を私が選んで買取り、そのひとつひとつにどんな絵を入れようか、、、とイメージして描いています。

実は、とても難しい。

イサドさんの作る額は、それだけで存在感があり立派な作品です。額だけ飾ってもいいくらい。

その個性にぶつかりすぎないように、でも負けてしまわないように、額に失礼にならないように、そして額に絵を入れたことで絵の魅力も額の魅力も引き立つようにする、、、それが目標です。

1+1=2ではなくて、2以上になるような。

・・・と偉そうに言ってますが、本当に難しい。でも楽しい挑戦でもあります。

 

 

 

今までも何回か絵を入れるために額を作っていただいたり、庭の松の木を伐採した後に、その木を使って額と調理べらを作っていただいたというお付き合いがある工房イサドさん。

そう、それから、私の母が亡くなった2015年には、私の両親の写真(たぶん二人がまだ恋人時代の写真)を仏壇に置きたくて、その額装をしていただきました。それがお付き合いのはじまりでした。

 

 

 

 

木のうわべだけの格好良さではなくて、うまく言えないのですが、木が土に根を張り生きていたころから持っている力のようなものを作品に込めて作られる作家さんだなあと私は思っています。

うわべの素敵さを持つモノは他にもいろいろあるけれど、モノに込められている目に見えない何かが、たぶん私がイサドさんの作品に惹かれるところだと思うのです。

 

 

 

 

 

とりごえまり+工房イサド 展

 

古い建具や古材を使った工房イサドさんの額に

インスピレーションを受けてとりごえまりが絵を描き下ろしました。

その他工房イサドさんの木工品も展示販売いたします。

 

◎期間限定ゆみゆみグラノーラ(パッケージがとりごえまりの絵)限定販売予定

 

 

11月23日(金・祝)〜12月3日(月) 会期中は無休

11:00 - 19:00

 

Collabon (コラボン)

 

石川県金沢市安江町1-14

 

http://www.collabon.com

 

 

 

*同時開催の展示

11.24〜12.24

とりごえまり個展「うつろう」

ギャラリー日色

https://hiiro-g.com

詳細→

 

 

 

ギャラリー日色での個展と合わせて、ぜひお運びください!

工房イサドさんの小物(ドライフラワーベースやカッティングボード、プレートなど)は全国いろんな場所で人気があり、なかなか買えません。金沢での展示販売は初めてで、貴重な機会ですのでぜひ!

 

 

*同時開催と言っても、期間が少し違いますのでご注意ください。

どちらも一緒にご覧いただけるのは、11月24日(土)〜12月3日(月)になります。

その間、個展(ギャラリー日色)は11月27日(火)が定休日となります。

 

*個展でも、イサドさんの額はいくつか使用しております。

 

 

 

 

| 展覧会 | 13:37 | - | - | pookmark |
個展「うつろう」(金沢・ギャラリー日色)

11月下旬、金沢で展覧会ふたつを同時開催します。

ひとつは個展。

もうひとつは、木工作家の工房イサドさんとの展示です。

 

 

生まれ育ち金沢美大を卒業するまで暮らした金沢で、プロになってから個展などの展示をするのは実ははじめてです。

(美大生時代に友人とグループ展をしましたが)

はじめてなのに、同時にふたつ。

よく考えると無謀かもしれません。

 

東京では何度か個展や二人展を経験し、様々な企画展(何名も参加する展覧会)でも絵を買っていただくということが猊當稔瓩箸覆蠅弔弔△蠅泙垢、それが全国どこでもそうなのか?という壁に今回ぶつかることになるかもしれません。

 

暮らす環境、その土地に根付く伝統工芸、どんなところにお金を出すかという価値観、、、きっとそれは様々で、東京での経験とはまた違うのだろうなと思っています。

絵を購入し、それが家の中にあることで豊かな気持ちになれること、そういうことが金沢に住む人たちにも知っていただけたらいいなあと思います。

 

そんなまったくどうなるか見えない状況ですが、いつも通り楽しんで描きたい絵を描いています。

 

まずは個展のお知らせ。

 

 

 

 

とりごえまり個展「うつろう」

 

 

春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、

そしてまた新しい春へと季節はうつろう。

色はうつろい、光もうつろう。

いまも、これからも、

ずっと。

 

 

11月24日(土)〜12月24日(月)

11:00-18:00 火曜休

 

ギャラリー日色

 

石川県金沢市野町3-16-2

 

https://hiiro-g.com

 

◎ 描き下ろし作品のほか、石川県立中央病院小児科のアートワークに使用した原画、ノーリツのシステムバス壁面の原画も展示(希望者あれば販売)する予定です。

 

 

 

2016年の2月末に金沢にUターン移住してきて、2年半ちょっとが過ぎました。

四季をふた周り、見て、感じて、聴いてきました。

私の住む場所は山の方なので、朝散歩する場所では、季節ごとの植物や木々の様子、出会う野鳥や虫たち、一度だけ会ったキツネ、イタチ、、、しっかりと強く生きている命に溢れていて、私はいつも喜びをもらっています。

そんな中で感じたり想像したり、実際に体験したり、、、そうして生まれた絵を描いています。

 

絵のタイトルにはそれぞれ、二十四節気の中の一つをサブタイトルとして書く予定。

このDMの絵は、「空へ」 ー 白露の頃ー 。

白露は、9月8日ごろから秋分にあたる9月23日ごろまでのことです。

 

四季を通じた絵を、と思って描いていますが、

秋と冬が多めかもしれません。(どうしても描いている今の気持ちで生まれてしまう、、、、)

 

 

会場は、古い町屋を修復したギャラリーです。

美大で同級生だった友人夫妻が開いた新しいギャラリー。

そこでのオープニング企画展となります。

責任重大ではないですか!

なので、皆さん、是非いらっしゃってください。

遠方からも、金沢旅行がてら来てくださることを、心よりお待ちしております。

11月に入ると香箱ガニが解禁になり、年内食べられるという貴重で嬉しい時期です。

カニで釣ろうとするのもどうかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!

 

*同時開催の展示

コラボンにて

とりごえまり+工房イサド展

11/23〜12/3(会期中無休)

http://www.collabon.com

詳細は次のブログで。

 

*在廊予定は、もう少し会期に近づきましたらお知らせいたします。

初日は在廊する予定でおりますが、急な都合などにより変更の場合もあることをご了承ください。

(SNSにて決まり次第お知らせする予定)   

 

 

 

   

| 展覧会 | 14:46 | - | - | pookmark |
宮沢賢治展「雨粒のヒカリ」(wtagumo舎)

9月に参加する企画展、3つ目です。

 

宮沢賢治展「雨粒のヒカリ」。

5月に個展を開きました、高松市のwatagumo舎さんで開催です。

 

この展覧会にお誘いいただいた時、watagumo舎の上林さんから、宮沢賢治の「何と云はれても」という詩を教えていただきました。

恥ずかしながら、私はこの詩を知りませんでした。

 

 

「何と云はれても」

 

何と云はれても

わたくしはひかる水玉

冷たい雫

すきとほった雨つぶを

枝いっぱいにみてた

若い山ぐみの木なのである

 

 

この詩からイメージした絵を描きました。

詩の内容を絵にしたのではなく、”イメージ ”です。

 

 

 

私もこの詩の山ぐみの木のように、

誰に何と言われても、どう思われても、

自分の信念、自分の生き方に自信を持ち、

些細なことで動揺しないどっしりと構えた人になりたいです。

まだまだ修行が足りません。。。

 

 

 

 

 

「何ト云ハレテモ」

 

額サイズ 315mm × 385mm

絵のサイズ 165mm × 240mm

 

ボール紙にアクリル絵の具

 

 

 

 

DMの絵は、くまのひでのぶ さん。

 

 

ぜひお運びください。

 

 

宮沢賢治展

「雨粒のヒカリ」

 

9月21日(金)〜30日(日) 11時〜18時

 

参加作家:

青の羊

越後しの

くまのひでのぶ

とりごえまり

松村真依子

若林哲博

雪ガラス

 

wataguymo舎 にて

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 16:48 | - | - | pookmark |
ペットショップにいくいくまえに展 2018(東京・ウレシカ)

続いて、東京・ウレシカさんでの「ペットショップにいくまえに展 2018」。

 

こちらには絵を2点出展します。

 

 

 

 

「吾亦紅」

 

額サイズ 288mm × 378mm

絵のサイズ 168mm × 242mm

 

水彩紙にアクリル絵の具

 

 

 

*額 工房イサドさん作

 

 

「おやすみ、おはよう。」

 

額サイズ    155mm × 205mm

絵のサイズ 70mm × 105mm

 

ボール紙にアクリル絵の具

 

 

 

 

 

 

DMの絵は布川愛子さん。

 

会期中、2つイベントがありますよ。

詳細はこちら→ http://www.uresica.com/gallery.html#event

 

ぜひお運びください!

 

 

「ペットショップにいくまえに」展 2018
2018年 9月20日(木)10月8日(月)

*火曜・水曜 休 open:12時〜20時

《参加作家/50音順・敬称略》
安藤智
ookamigocco
片桐水面
どいかや
とりごえまり
ハヤシミワコ
平澤一平
平澤まりこ
布川愛子
保坂優子
みやこしあきこ
柳本史

DM絵:布川愛子

犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、
飼い主のいない動物をもらい受けるということが当たり前の世の中になってほしい。
どいかや作のフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」に賛同する作家が作品を展示販売いたします。
ウレシカでは毎年新しい作家さんにご参加いただき、同タイトルで8回目の開催となります。

ペットショップにいくまえに
bikke.jp/pet-ikumae

 

 

 

 

| 展覧会 | 15:52 | - | - | pookmark |
ペットショップにいくまえに展 2018 (京都・nowaki)

ご無沙汰しております。

もう2ヶ月近くも投稿しておりませんでした・・・。

暑い暑い長い夏でしたね。

昔から暑いのが苦手ですが、歳を重ねてさらに苦手になり、非常に辛い夏でした。

毎年こんなだったらどうしようかと不安です。

 

 

さて、展示のお知らせです。

 

「ペットショップにいくまえに展」、今年は東京・ウレシカさんと京都・nowakiさんのどちらにも参加します。

まずはnowakiさんで始まります。

今年はオブジェの展示です。

私は石塑粘土で作った青い猫4匹を里子に出します。

大切にしてくださる里親さんを募集します。

 

 

 

 

この猫たち、名前があります。

 

 

「コビー」正面。

 

そうです、我が家のコビーがモデル、、、というか作っていたらコビーになりました。

 

 

「コビー」後ろ姿。

 

 

「りん」正面。

 

 

「りん」 後ろ姿。

 

 

「ジョニー」正面。

 

 

「ジョニー」後ろ姿。

 

 

「まさる」正面。

 

 

「まさる」後ろ姿。

 

 

「タビ」正面。

この子は子猫。他の4匹より小さいです。

 

 

「タビ」後ろ姿。

 

 

 

 

DMのオブジェは ひろせべに さん。

 

 

nowakiさんでは、今年から展示作品は抽選販売という方法をとるそうです。早いもの勝ち、ではありません。

期間中お申し込みのあった方の中から、会期後抽選。

なので、ゆっくりとご覧いただけます。

素晴らしい作家さんたちの作品が並びますので、ぜひお運びください!

 

 

 

ペットショップにいくまえに 2018 object vol.2
9月14日(金)〜23日(日)
open:11:00~19:00 *期間中無休

https://nowaki3jyo.exblog.jp/

 

参加作家:

網代幸介・石原稔久・ookamigocco・小代美穂・片桐水面・きくちちき

さとうゆうすけ・須田二郎・タカノミヤ・谷内亮太・どいかや・とりごえまり

にしおゆき・樋口佳絵・日高直子・ひろせべに・堀口尚子・山極千真沙

 

 

「ペットショップにいくまえに」

http://bikke.jp/pet-ikumae/

 

 

 

| 展覧会 | 14:30 | - | - | pookmark |
とりごえまり作品展「息吹」の作品について

ちゃんとブログに投稿するのがすっかり遅くなってしまいましたが、5月17日〜24日 watagumo舎さんで開催していました とりごえまり作品展「息吹」の作品を見ていただこうと思います。

 

すでに購入していただいたもの、現在watagumo舎さんのオンラインショップで販売中のものがあります。

 

 

 

『野に咲く星たち』

 

DMにした絵です。

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『立夏』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『イノチノフネ』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『rain』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『呼吸』

 

*オンラインショップにて販売中。

http://watagumosya.shop-pro.jp/?pid=132071608

 

 

 

『ツキミソウと月が咲く夜に』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『いつかこの庭で』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『ヒミツノアノネ』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『雪割草のように』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『キジバト』

 

*オンラインショップで販売中。

http://watagumosya.shop-pro.jp/?pid=132071523

 

 

 

『スズメのプロポーズ』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『のどを鳴らす』

 

*オンラインショップで販売中。

http://watagumosya.shop-pro.jp/?pid=132071558

 

 

 

『王子』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『a CAT'S life』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『フキノトウの綿毛』

 

*ご購入いただきました。

 

 

 

『青いケシの花』

 

オンラインショップで販売中。

http://watagumosya.shop-pro.jp/?pid=132071543

 

 

 

『ハルジオン』

 

*オンラインショップで販売中。

http://watagumosya.shop-pro.jp/?pid=132071582

 

 

画像と原画は色もエネルギーも違いますが、『こういう絵を出展したんだね』と見ていただけたら幸いです。

 

 

 

 

| 展覧会 | 19:21 | - | - | pookmark |
『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』

香川県高松市のwatagumo舎さんでの個展は、5月24日無事終了いたしました。

会期中、お運びいただいた皆様、ありがとうございました。

会期中に出会いがなかった作品は、6月半ばまでwatagumo舎さん店内で引き続き展示・販売していただけることになりました。

また、6月中にはオンラインショップの方でも販売される予定です。

それも含め、またゆっくりと作品の紹介などさせていただこうと思っています。

 

 

さて、金沢市での企画展に急遽参加させていただくことになりました。

お知らせが遅くなりましたが、明日(6月2日)からです。

 

金沢市の小立野というところにある、音楽と雑貨のお店リュケリさん。

小さな可愛らしいお店です。

先日、作品を納品しにうかがいました。

外観の写真を撮るのを忘れておりましたが、大通り沿いのマンションの1階、グリーンの屋根(というかテント?)が目印です。

 

店内には陶器やこけし、ステーショナリー、雑貨、CDなどが所狭しと並んでいました。

 

 

 

店内にもこの企画展のポスターが。

 

 

 

私は猫柄の9種類のポストカードと、今回のために作った石塑粘土の猫5匹(手のりサイズです)を出展します。

 

 

 

(⇧お店の方が撮った写真をお借りしました)

 

 

 

 

後ろ姿は石ころ、いなり寿司のようですが、、、

 

 

底にはサイン。

 

すべて石塑粘土で作ったものに、アクリル絵の具で着彩、ニスを塗っています。

1点ものです。

 

会期中、オンラインショップでの販売もされますが、いつアップされるかは未定です。

(出展作品がたくさんあり、お店の方も対応に追われています)

場合によっては会期後のアップになるかもしれません。

アップしましたらお知らせします。

 

 

金沢市近郊の方、どうぞお運びください!

遠方の方で気になる方は、オンラインショップへのアップをお待ちください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』

2018 年6月2日(土)〜 6月12日(火)
場所:music&zakka Lykkelig(リュケリ)

かわいいだけじゃない、大人が欲しくなるネコ雑貨が大集合!
15の作家によるネコ雑貨を集めて展示・販売いたします!

 

【参加作家(敬称略)】
Kazahana+ [陶器]
片岡まみこ [絵・粘土作品]
銀鉤舎 [グッズ他]
クマゲラ工房 [陶器]
黒ねこ意匠 [紙雑貨・グッズ他]
クロノユキコ [陶器]
雑貨食堂六貨 [食器・グッズ他]
Zacchino! [ブローチ他]
高辻あい [陶器]
ちまじや [陶器]
とりごえまり[ポストカード他]
ツメサキの世界 [紙雑貨・グッズ他]
猫実珈琲店 [珈琲グッズ他]
nemunoki paper item  [紙雑貨・グッズ他]
モンブランド [ガーゼ製品・ハンカチ他]

 

http://www.lykkelig.jp/ivent/n-event.htm

 

リュケリ

〒920-0942

石川県金沢市小立野1丁目6-22メゾンノア1F
TEL:076-262-4511
open-AM11:00 closed-PM8:00 定休日:水曜日

 

*お店への行き方など詳細はコチラ → http://www.lykkelig.jp/shopdata/n-shopdata.htm

   駐車場は1台分しかありませんので、バス(北鉄バス)をご利用するのがいいかもしれません。

 

 

 

 

| 展覧会 | 17:50 | - | - | pookmark |
とりごえまり作品展「息吹」始まっています

先月下旬に個展のお知らせを書いた後は、制作、梱包、発送、、、とあっという間に時間が経ち、昨日から始まりました。

今回は残念ながら私は在廊できませんが、お近くの方、旅行がてらおうどん食べに行ってもいいよ!という方、ぜひお運びください!

 

watagumo舎さんが撮ってくださった展示風景、少しですがご紹介させていただきます。

 

 

 

これは、発送準備中の写真。

間に合うのかー、箱にちゃんと収まるのかーーーー!とドキドキしながら頑張っていた時。

 

次から、無事作品が高松市のwatagumo舎さんに展示されたところです。

 

 

 

 

まだ行ったことがないですが、いつもお写真を拝見する限り、お部屋のような素敵な空間。

ここに並ぶと、絵がよく見えるような気がします。

設営はお任せしましたが、とてもセンス良く展示してくださいました。

 

今回は、描きおろし、過去の作品に加筆したもの、など合わせて17点。

描いているうちに、どんどん絵が浮かんで描きたくなり、最後の方に行くほど大きな絵を描いていました。

 

 

 

この右の横長の絵が、最後のころ描いたもの。

「立夏」。

その前日、たまたまつけたラジオでスピッツの草野マサムネさんの番組が放送されていて、「小さなリンジー」(田中茉裕)という曲が流れていました。初めて聴いた曲でしたが、うわーーーっと頭に絵が浮かび、これを描くにいたったのです。

すぐに曲をiTunes storeで購入、描いている4日間、ずっと再生していました。

一体何回聴いたのかしら、、、と、最後にパソコンで見てみたら、389回!

でも、絵はピアノの旋律と歌声からのイメージによるもので、歌詞の内容とは全く違っています。

*「小さなリンジー」、気になる方は検索するとYouTubeでMVがみられます!

 

左の絵は「雪割草のように」。

我が家のミケちゃんと雪割草です。

12年半近く外の厳しい環境で生きてきたミケちゃん、その強さは、雪の下でじっと春を待ち、雪を割って芽吹き花を咲かせる雪割草のようだと思ったので。

石川県の能登半島に、雪割草が群生する場所があり、昨年見に行きました。美しかったです。

 

*どちらも初日に売約済みとなりました。

 

 

 

DMの絵。

「野に咲く星たち」

 

臭い、すぐに増える、、、と嫌われがちなドクダミ。

名前も良くないですね。

でも花は美しく儚い。私は大好きです。

我が家の庭でも今つぼみをつけ始めました。

一面に白い花を咲かせたドクダミは、夜見ると星のように見える、、そう思い描いた絵です。

 

*これも売約済み

 

 

 

 

「ハルジオン」

 

私が好きな花、ハルジオン。

これも雑草として、世間では草むしり対象になっているかもしれませんが、もともとは海外から園芸花として入ってきた花だそうです。でも生命力が強く、日本の風土に合ったことで、どんどん種を飛ばして増えていったと。

私は、庭でそのままにして咲かせています。

好きな野草を抜かないようにしながらの草むしりはなかなか大変なんですが。。。

 

 

 

最後の最後、梱包前に「まだ描けるな」と描いた絵です。

「青いケシの花」

 

ヒマラヤの山に咲く青いケシ。

実物をいつか見てみたい花。

 

これは、額の木に浮かせて絵を貼りました。

そっと摘んだケシの花を標本箱に入れたような感じにしたかったのです。

 

 

その他の作品も、また少しずつここでも紹介します。

 

展示は24日(木)まで。

土日は今週末のみになりますので、行かれる方はお見逃しなく!

 

ぜひ原画の色を見ていただけたら嬉しいです。

(写真では出せないんです、本当の色)

よろしくお願いいたします。

 

 

 

とりごえまり作品展

「息吹」

 

watagumo舎

2018年5月17日(木)〜24日(木)

open 11:00 - 18:00  会期中無休

 

【息吹】

1. 息を吐くこと。呼吸。

2. 気配。生気。

 

命あるものは、みな生きるために呼吸する。

にんげんやそのほかのどうぶつたち、そして植物たちも。

きょうもあちらこちらで みんなが呼吸する。

耳をすますと聞こえてくる。

 

 

 

| 展覧会 | 14:54 | - | - | pookmark |
| 1/15PAGES | >>