CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
石川県立中央病院 小児科アートワーク 2(外来・待合 1)

石川県立中央病院1階に小児科外来(小児内科、小児外科)があります。

その待合の壁と天井、診察室横のサイン部のアートワークを担当しました。

 

前回の記事「石川県立中央病院 小児科アートワーク 1(前書き)」に書きましたように、進行中に壁紙印刷が不可能になり、課題が与えられました。

 

・四季によって絵が変わった方がいい。

・壁もドアも、アートワークは取り外し可能な施工方法をとりたい。

 

まずは、待合の壁。

さて、これをどういう形にするか。

 

設計会社の方が、壁面にパネルを差し替えることができるフレームのようなものを設置し、四季によりパネル(絵を印刷したもの)を変えてはどうかと提案くださいました。

でも、それでは普通の病院に絵を飾っているのとあまり変わらないので、もっとおもしろく、楽しいものにできないかなあと提案したのがこれです。

 

 

 

待合の中心には、子どもたちが靴を脱いで上がり、遊んだり本を読めるプレイコーナーが設置される設計になっていたので、その部分の壁に巨大紙芝居の舞台を作ってはどうかという提案です。

その中に、四季ごとに絵が違うパネルを差し替える、そういうもの。年に4回絵が変わる紙芝居です。

その舞台の左右の壁には、木々のシルエット、リスが木に登り、鳥たちは木にとまったり、紙芝居舞台に向かって飛んでいます。

舞台に到着し、屋根にとまって絵をのぞき込んでいる鳥もいます。

 

木々のシルエットはカッティングシート、鳥やリスはアクリル板を使ったレリーフを提案。

レリーフは、透明アクリル板に印刷をするのか、直接ペイントするのか、そのあたりのことを業者さんを交えて打ち合わせしながら決めていき、直接ペイントすることに。

 

 

 

 

実際に使う壁紙をいただき、仕事部屋の壁に貼ってシミュレーションしていました。(今もまだ貼ったまま)

そこにカッティングシートの色を決めるためにプリントアウトしたものを枝の形に切って貼り、色指定するチップを選んだり、

レリーフのつもりで描いたものを貼ってみたり。

こういう作業にかけた時間がとても多かったです。

未経験のことということもあり、頭の中だけでは決めることができなかった。

サイズ感も、図面だけではわかりません。

 

 

 

レリーフの形状を小さく絵に描いたもの。

拡大率を指定し、アクリル板を切ってくださる業者さんに。

 

 

 

カッティングシートを切っていただくための絵。(縮小)

そこに、リスや鳥のシルエットの絵(上の写真)をコピーしたものを乗せてみて、仕上がりをイメージ。

 

 

 

透明アクリル板に着色しているところ。

まず下地として白い絵の具を。

初めての体験。

 

 

 

 

レリーフ完成。

 

そして、中央の舞台は木で作ることになりました。

私のラフスケッチをもとに設計会社の方が図面を起こしてくださり、大工さんが作ってくださいました。

まわりの部分は、指定した色の絵の具で塗っていただき、カーテン部は私がペイントしました。

私のわがままで、自宅でペイントできるよう運んでいただきました。

 

 

これもまた初めてのこと。

初めてのことばかりで、毎日ドキドキ緊張していました。

でも楽しかった!

できないことはないものです。

 

カッティングシートと木舞台が設置された状況がこれです。

 

 

 

木舞台は巨大で、中に入れるパネルは、横180センチ。

 

そのパネルの絵は、同じ場所の四季を描くことにしました。

そこは動物園にいる動物ではなく、石川県内の自然の中で出会える生き物と子どもたちの絵にしようと。

そして、四季は、石川県の四季です。冬には雪が積もります。

 

 

長くなってしまうので、パネルの絵を描くところからは、次の記事に。

次は、外来待合の壁が完成、天井にも絵が入るところまでを書こうと思います。

 

 

 

 

| 石川県立中央病院 小児科アートワーク | 21:00 | - | - | pookmark |
「 Humpty Dumpty sat in a Box! 」

昨日に引き続き企画展参加のお知らせです。

 

こちらも恒例、東京・南青山 ピンポイントギャラリーの冬のグループ展です。

今年もまた参加させていただきます。

 

今年は「 Humpty Dumpty sat in a Box! 」。

 

紙のパッケージに入った白木の卵3個が送られて来ました。

 

 

展覧会名のハンプティダンプティは、マザーグースに出てくるキャラクター。卵の形をした方です。

でも私はその展覧会名を全く無視する形で作品を作ってしまいました!

 

卵をキャンバスと考えて、イースターエッグのように絵を描こうと決め、会期もクリスマスまでなのでクリスマスの絵を。

 

 

 

ひとつはリス。

 

 

 

ウサギ。

 

 

 

鳥。

この子はジョウビタキの男子。冬鳥です。

今年はジョウビタキを仕事と作品で、なんど描いたことでしょう。

好きなんです、この子が。

 

リスとウサギもたくさん描いたなあ。

 

 

 

 

それぞれの卵で、雪が降っています。

リスたちは小さなツリーを飾り、ウサギたちは手にリースやスワッグを。

小鳥(ジョウビタキとツグミ)は赤い実とモミの枝を咥えています。

 

 

では、3つを並べて4方向から撮った写真を。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、紙のパッケージにもちょっと描きました。

フィンランド語でメリークリスマス。

卵同様、雪が降っています。

 

Hyvää joulua

 

 

中を開けると…

 

 

卵が4つ入る箱なので、空いたところには木の実を。

私が今までに拾ったり、買ったリースやもらったアレンジメントに入っていた実をとっておいたものです。

 

 

箱に入って3つセットでの展示・販売になります。

タイトルは「森のクリスマス」。

 

11日からの展示になります。

昨日書きました貝の小鳥さんでの企画展「冬鳥慈色」と合わせて見ていただけると嬉しいです。

忙しい時期ではありますが、自分へのご褒美に、大切な人への贈り物に。

ぜひ、お運びください!

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

「 Humpty Dumpty sat in a Box! 」

 

ピンポイントギャラリー

12月11日(月)〜23日(土)

11:00〜19:00 土曜日17時まで 日曜休み

 

あべ弘士 あおきひろえ 網中いづる アンマサコ 飯野和好 石川えりこ 市居みか 植田真 宇野亞喜良 大畑いくの 川端誠
こみねゆら 佐古百美 ささめやゆき 篠崎三朗 スズキコージ 高畠純 竹井千佳 田中六大 とりごえまり 長野ヒデ子 
長谷川義史 樋上公実子 ひがしちから ひらいたかこ 藤本ともひこ 降矢なな B.ボロルマー 村上康成 山口マオ

 

 

 

| 展覧会 | 19:44 | - | - | pookmark |
「冬鳥慈色」

今年も貝の小鳥さん(東京・目白)の冬の企画展に参加させていただきます。

 

またお知らせが遅くなりました。

明日からです。

 

「冬鳥慈色」という美しい文字と響きの展覧会名です。

 

 

冬鳥慈色

 

冬の鳥は色を慈しむ

春に暮らした柔らかな森や

夏に遊んだ愛らしい花

秋に旅した遙かな空の

色を重ねて冬を慈しむ

 

(フライヤーに書かれた文です)

 

 

 

私は2点出展します。

 

金沢に引越してきて1度目の冬、庭に開店した小鳥レストランに、いろいろな鳥たちがやってきました。
いままで会ったことがない鳥たちも。
私の中で抽象的だった「鳥」に、ちゃんとした名前がつきました。
冬にだけ会える鳥たち。

夏にだけ会える鳥たち。

四季を通じて会える鳥たち。
みんなそれぞれの美しい色の羽を持っています。
日本の伝統色にある色名が入った名を持つ鳥を描きました。

 

 

 

 

『瑠璃色』
瑠璃色をした冬の森を鳥たちが飛んでいきます。
少年の肩にとまった瑠璃色の鳥は、ルリビタキ。

 

 




『紅色』
小さなモミの木に、紅色のベニマシコがオーナメントのようにとまっています。
木の実を飾ろうと運んで来たのは、紅色のマフラーをしているような鳥、ウソ。

 

 

昨年の貝の小鳥さんでの冬の展覧会で描いた『祈り』という作品をポストカードにしたので、それもお店に置いていただきます。

 

 

 

その他の、冬に似合うカードも。

 



 

貝の小鳥さんを彩る十二の色、

ぜひご覧ください。

 

 

「冬鳥慈色」

 

12月8日(金)から25日(月)迄

 

伊藤夏紀

川上隆子

KUUSI6

こみねゆら

さとうゆうすけ

すずきみほ

タカハシカエ

たんじあきこ

とりごえまり

永田智子

福井智子

芳野

 

貝の小鳥

東京都新宿区下落合3丁目18-10

 

11時から18時(火曜定休)

 

 

 

| 展覧会 | 19:40 | - | - | pookmark |
石川県立中央病院 小児科アートワーク 1(前書き)

何度かブログ文中に書いていました、病院の仕事。ホスピタルアート。

いま私が住む金沢市にある石川県立中央病院のお仕事をしました。

 

このお仕事が私に依頼された流れも、不思議なご縁を感じるものでした。

数年前から、県庁内の「県立中央病院建設推進室」の方々が建て替えについて進めていた中で、小児科にアートを・・・という案が出ていたようですが、その頃は私はまだ神奈川県に住んでおり、そのことは知りませんでした。

そして、金沢にUターン移住する予定さえなかったのです。

ところが、2015年頭に母が亡くなり、空き家になった実家をどうしようか、、、というところからの急展開。

そして、2016年の2月末に引越してきて間もなく、推進室のMさんから連絡があったのです。

 

Mさんとは、高校が同じでしたが、同じクラスになったことがないため、お名前を知っていたくらいで、話したことはなかったのですが、Facebookで何年か前から繋がっていました。

 

県としては、石川県在住で小児科のアートワーク(絵、デザイン)を担当できる人を探していたということで、金沢美大卒業の絵本作家である私のことはいいなと思ってくださっていたようですが、残念ながら神奈川県在住ということで諦めていたとお話を聞きました。

ところが、ものすごくいいタイミングで私が引っ越してきたわけです。

 

このお仕事をするために、金沢に呼ばれたのか?と思うようなタイミングでした。

亡くなった母が、私をこのために金沢に来させたのではないかと、そんなことも思いました。

 

私も2012年に半年以上の闘病(3週間に1回の通院と投薬、検査、手術)をした時に、病院の中が心安らぐ場所である大切さを身を持って知りました。

私が通院していた病院(聖マリアンナ医科大学附属クリニック ブレストセンター)内には、岩合光昭さんの写真やダウン症、自閉症の方々が描いた素晴らしい作品、優しい色のタペストリーがたくさん飾ってあり、私はいつも元気をもらっていました。

そういう病院の中にいると、とてもほっとしたのです。

病院へ行くのが辛いと思ったことがほとんどありませんでした。

だから、絶対にホスピタルアートは必要!と思っていたのです。

 

そして、病気になった本人以上に、見守り、時には一緒に病院に付き添う家族は、本人と同じくらい、もしかしたら本人以上に不安や心配な気持ちをいつも抱えていると、闘病中に感じました。

小児科は、子供が病気で通院・入院するとき必ず付き添うであろうご家族の心も安らぐ場所でなくてはいけないと、思っていました。

 

そのために、私にできることがあるのなら、ぜひやりたいと思い、このお仕事を受けた次第です。

それが、2016年3月のことでした。

 

 

当初は小児外来、病棟のどちらも、私が普段仕事で描いているように紙に原画を描いたものを壁紙印刷する予定で進行しました。

ここに絵を入れたい、という部分(広範囲でした)の図面を手渡されました。

 

 

 

 

そして、設計会社の方々、建設会社の方々、壁紙印刷をする方々、、、関わる皆さんと何度にも渡る打ち合わせをし、全体のラフスケッチを提出したのは、2016年秋でした。

壁面、ドア表面の絵にはストーリーを感じさせるものを描きました。

 

 

 

その時のプレゼンに提出した、色付きラフの一部。

懐かしいなあ。

 

 

それに対してのお返事をいただき、2017年3月ごろには原画を全てアップする、そういう予定だったのですが、人生うまくいかないものです。

ここで大きな試練が私に与えられました。

 

諸事情により、壁紙印刷は出来なくなったと、年明けに県からお返事がきたのです。

振り出しに戻りました。

 

・四季によって絵が変わった方がいい。

・壁もドアも、アートワークは取り外し可能な施工方法をとりたい。

・いしかわ動物園にいる動物、のとじま水族館にいる魚や動物、白山 昆虫博物館にいる昆虫、これらをメインに描いて欲しい。

 

そのような課題が与えられました。

 

振り出しに戻って考え始めたのが、3月。

病院の完成時期は変わりませんから、それはそれは過酷な日々が始まりました。

 

アクリル板を使ったレリーフを立案し、そういうアートを小児科に施工している福岡の病院に視察にも行きました。

ひびのこづえさんのアートワークです。でもはるばる行ってよかった!

 

結局、レリーフ以外にも、私にとっては、初めてのことばかりの仕事となりました。

 

でも、完成した今、振り出しに戻ったアクシデントがあったおかげで、おもしろいものになったのではないかなと思っています。

与えられた条件の中で、どれだけおもしろいもの、子供たちが喜んでくれ、親御さんたちの心が安らぐものができるか、その課題をクリアするよう頑張ったことは、自分にとってもとても勉強になりました。

 

ここでは詳しく書けないような、いろんなことがありました。

悔しくて泣いたことも、先方に激怒したことも、怒りすぎて体調を崩したこともありました。

でも、「終わりよければすべてよし」。

 

この言葉で、前書きは締めくくろうと思います。

 

次は、実際に施工した写真を載せながら、小児外来、小児病棟のことを書いていきます。

 

 

 

 

| 石川県立中央病院 小児科アートワーク | 20:07 | - | - | pookmark |
『ことりレストラン』

久しぶりに、作・絵の作品が雑誌に掲載されたお知らせです。

いま発売中の雑誌「おひさま」(小学館)に『ことりレストラン』という8ページのおはなしが載っています。

 

 

 

この数年、作・絵の作品は作っていませんでした。

いったいいつからだろう…

なんと、2011年10月刊行の『ロバのポコとうさぎのポーリー』(童心社)以来です。

6年。

2012年の春に『ロバのポコとうさぎのポーリー』の原画展をウレシカさん(当時は経堂)で開催したあと、病気が見つかり闘病に入りました。その年はずっとお仕事を休み、復帰したのは2013年。

でも、のんびり、ゆっくり、企画展に参加して自由に絵を描くことからはじめ、フランスから挿絵の依頼があった雑誌の仕事、ベネッセの赤ちゃん用付録の絵本『ことりのぴっぴ』(これはお話の展開や短い言葉は私が担当しましたが)、やまぐちめぐみさんとの共作『コトリちゃん』。。。と、本格的に作・絵とも担当したものは、なかったのです。

 

なので、今回の8ページのお話は、たった8ページだけれど、私にとっては、とてもとても大切な8ページ。

お話を作るのも、絵を描くのも、新人に戻った気持ちでした。

 

 

タイトルは『ことりレストラン』。

私が闘病後、2013年からたびたびこのブログで、小鳥、野鳥のことを書いてきました。

最近はブログで日常のことを書かなくなってしまってますが、以前は書いてましたね、ベランダに来るヒヨドリさんや、メジロさん、チュンたちのこと。

神奈川県のマンション、ベランダでの“ことりレストラン”。

(興味のある方は、“小鳥” “野鳥” “ことりレストラン” でブログ内検索すると、いろいろ出て来ると思います。)

 

 

そして、昨年金沢にUターン移住してから、自然豊かな土地にある我が家の庭に、冬、木でバードフィーダーを作りました。

お客は、本格的な野鳥になり、ヒヨドリやメジロ、スズメは以前と同じですが、イソヒヨドリ、ジョウビタキ、シジュウカラ、シロハラ、キジバト、ツグミ、、、と、それまで知らなかった鳥たちが身近で会えるように。

私の“小鳥愛”は、ますます強くなりました。

 

冬の間常連客だったヒヨドリ夫妻が、なんと今年の春、庭の紅葉の木に巣を作り、2度の産卵、子育てを。

無事巣立った子、巣立ちの日にカラスにさらわれた子、育つことができず死んでしまった子、、、自然界の厳しさを知りました。

 

 

野鳥のことをほとんど知らなかった私が、

2013年の冬に野鳥に詳しい友人から「棒に半分に切ったミカンをさして置いとくと、メジロが来るよ」と教わったことをきっかけに、ここまでになるとは、そのころは想像もしませんでした。

 

おおげさですけど、その4年ちょっとの私の経験と小鳥愛、とくに金沢に来てからのバードフィーダーでのレストラン開店をお話にしています。庭に来た鳥たちが、みんな出てきます。

もちろん、おはなしなので、店長の女の子とお客の小鳥たちは会話しますが。

(私もいつも会話しているつもりですが)

あ、それから、チャイも出てきます。

 

 

私の絵、制作をずっと見守って来た夫が、この原画を観て、

「いままでの絵本の絵と違うね」と言いました。

それがいいことかよくないことかはわかりません。

でも、いまの私が描きたい世界です。

 

 

 

うん、『ハリネズミのくるりん』の世界とは違う。

 

 

ちなみに、今年の2月ごろの我が家のことリレストラン。

 

 

おはなしの中のレストランにもこの旗(看板)がたってますよ。

 

 

ご興味もってくださった方は、ぜひお買い求めください!

付録付きなので、本屋さんで立ち読みはできないと思われます。

すみませんが、買って下さい。

 

 

そろそろ、我が家のことりレストランもオープンの準備をしなければ!

 

 

 

 

 

| 仕事・作品 | 19:33 | - | - | pookmark |
| 1/232PAGES | >>