CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
こけし WONDER DOLL 展

来週から始まる企画展のお知らせです。

毎年ピンポイントギャラリーで開催されるクリスマスまでの企画展です。

昨年は「すわらない椅子」展で、木のイスに絵を描きました。猫の絵。

これは会期中はお嫁に行かなかったのですが、終了後、知人が迎えてくださいました。

 

☆昨年の椅子の記事 http://blog.torigoe-mari.net/?eid=1301399 

 

 

そして今年も木です。

こけし。

小ぶりな弥次郎こけしが届き、絵付けしました。

いろんな場所でさまざまな「こけし展」が開催されていますが、実は私は初のこけし。

ひとり2体の出品です。

1体ずつの販売でもセットでの販売でもいいという企画なので、私は1体での販売をします。

 

 

 

 

左:「緑の帽子の男の子」

右:「赤い帽子の女の子」

 

すみません、タイトルが見たそのまんま。安易だったか。。。

 

女の子は子猫を抱き、男の子は手に小鳥(ジョウビタキの女の子のつもり)、足元にはリスがいます。

 

 

斜めから見ると、

 

 

 

こんなかんじです。

 

後ろ姿は

 

 

 

底面にサインを入れてあります。

(写真、ピント合ってなくてすみません)

 

 

 

大きさとしてはこんなもんです。

チャイに登場してもらいましょう。

 

 

 

 

 

師走なので、みなさんも駆け足の毎日かもしれませんが、お時間がありましたらぜひお運びいただけるとうれしいです。

 

 

 

「こけし WONDER DOLL 展」

 

ピンポインギャラリー(東京・青山)

 

2016年12月12日(月)〜12月24日(土)

11:00〜19:00  土曜は17:00まで 日曜休み 祭日は通常営業

 

30名のイラストレーター、絵本作家が絵付けしたものが並びます。

 

 

 

| 展覧会 | 20:06 | - | - | pookmark |
「冬の貝殻たち〜11の音を聴く」

冬の企画展への参加のお知らせ、先日に続きもうひとつです。

(さらに12月に入ったらもうひとつあります)

 

 

昨年も一昨年も参加させていただいた、貝の小鳥さん(東京・目白)での冬の展覧会。

今年も参加させていただきます。

 

今年もフライヤーの絵は伊藤夏紀さん。

またまた素敵です!

 

 

 

 

わたしは今回1点だけ出品いたします。

(仕事のスケジュールの関係で)

 

 

 

「祈り」

 

アクリル絵の具、オイルパステル、色鉛筆

 

*アクリル板を入れてから撮影したら光ってしまいました…

 

 

この絵を描きながら、いろいろ祈っていました。

私と家族、猫さんたちの日々が健康で幸せであること。

いまやっている仕事を、楽しく心をこめてやり遂げられること。(長い期間でやっている仕事があり、年を越して続きます。)

引越して来てから庭に植えた何本かの木が見上げるほど大きくなるまで、必ず生きること。

 

木を植えるという作業は、私にとって祈ることに近いなあといつも思います。

土に大きめの穴を掘り、腐葉土や堆肥を混ぜながら耕し、そこに苗木を置いて土を戻すとき、その木が大きくなる日のことを想像します。

「根を張って、強く育ってね。がんばれ。」と幹に手を置いて語りかけながら土をかぶせます。

その時間は雑念がなくなり、祈りのような気持ちになりただひたすら植えていることにふと気付くのです。

 

 

病気の治療が終わってから、4年が経ちました。

病気のことをすっかり忘れている時もあれば、定期検査が近づきナーバスになることもあります。

前向きで楽天的なときもあれば、たまに悲観的になることもあります。

いろいろです。

でも、どんなときも「生かされていること」を意識するようになったように思います。病気になるまでは生きていてあたりまえ、と思っていましたから。

いまは「生かされている」ことは奇跡だと思うのです。

わたしに限らず、誰もが。

木を植えることは、わたしにとっての「奇跡」が木とともに長く続きますようにという祈りなのかもしれません。

 

絵の中の少女は、自分よりもずっと長くその場所で生きて来たであろうモミの木に、何を祈っているのでしょうか。

 

 

 

そして、昨年の貝の小鳥さんでの冬の展覧会に出品した絵2点(どちらも嫁いで行きました)を使って新作ポストカードも作りました。会期中、貝の小鳥さんでその他のカードとともに並びます。

 

 

左「赤い鳥」

右「青い鳥」

 

 

展覧会は、クリスマスの日まで1ヶ月開催されます。

どうぞお運びください!

 

 

「冬の貝殻たち〜11の音を聴く」

 11月25日(金)〜12月25日(日)(火曜定休)

   参加作家 アヤ井アキコ

      飯野まき

      伊藤夏紀

      さとうゆうすけ

      すずきみほ

      タカハシカエ

      とりごえまり

      にしむらあきこ

      NOE Mielotar

                 長谷川純

                 芳野

場所  貝の小鳥 
    東京都新宿区下落合3-18-10(03-5996-1193)
時間   11時〜18時
   火曜定休

http://kainokotori.com/

 

 

 

☆先日お知らせした、高松市watagumo舎さんでのX'mas展もクリスマスまで開催です。

 

 

 

| 展覧会 | 19:41 | - | - | pookmark |
X'mas展(watagumo舎)

大変ご無沙汰しておりました。

2ヶ月半ぶりの更新です!

 

いくつか仕事や取材など、忙しく楽しい毎日を過ごしております。

 

そんな中、また高松市のwatagumo舎さんの企画展「X'mas展」に参加させていただきます。

スケジュールの都合で、1点のみの出品になりますが。

 

クリスマスの日、夜空を見上げている少女を描きました。

何のお願いをしているのでしょうか。

もしかしたら、空の上のだれかに話しかけているのかもしれません。

 

 

 

 

「星に願いを」

 

(アクリル絵の具、オイルパステル、色鉛筆)

 

 

あと1ヶ月ちょっとでクリスマスだなんて、びっくりします。

金沢に引越して来てから迎える初めての冬、クリスマス。

ホワイトクリスマスになるのかな。

星に願いを ではなく、雪を見上げながらの祈りになるのかもしれません。

 

 

 

watagumo舎さんには、クリスマスをモチーフにした作家さんたちのさまざまなものが並ぶようです。

どんなものが並ぶのか、watagumo舎さんのツイッターやフェイスブックで見られると思いますよ。

 

お近くの方、ぜひお運びください!

 

 

 

X'mas展

 

11月17日(木)〜12月25日(日)

 

watagumo舎

香川県高松市花園町3-7-17
open 11:00〜18:00  close 水曜日


http://watagumosya.com/access.html

Twitter https://mobile.twitter.com/plumno_mado​
Facebook https://www.facebook.com/watagumosya​
Instagram http://www.pikore.com/watagumosya
 

 

 

| 展覧会 | 22:38 | - | - | pookmark |
「ペットショップにいくまえに展2016」東京URESICA

先日の記事で書きました「ペットショップにいくまえに展」の東京・URESICA、1週間後にせまってきましたので、 出品する作品のご紹介です。

 

絵を3点。

 

ひとつは、2013年の「ペットショップにいくまえに展」(新潟・絵本と木の実の美術館)に出品した「庭」という作品に加筆をしました。3年前に描いたときは、庭は私にとって憧れで、身近にあるものではありませんでしたが、今年金沢に引越してからは庭があります。なので、庭というものに対する気持ちが違っていて、3年前の絵にその気持ちを重ねました。

3年前の絵とこの絵を“Befoe After”的に並べようかと思ったりもしましたが、前の方がよかったのに〜と言われたら悲しいのでやめました、笑。知りたい方はブログ内で探して下さい。

 

庭にはニヤ、チャイ、コビー(もとの絵にもいた)に加え、ミケちゃんを描きました。

実際には4ニャンは外には出していないので、庭にこうしていることはありません。家は田舎の方にありますが、一本向こうの通りはバス通りで交通量も多いので、いままで家の中で過ごして来た猫さんたちを出すには危険です。

ずっと外にいたミケちゃんはきっと出たい事もあるだろうなあと思っていますが、ミケちゃんだけを出すわけにはいかないので、4ニャンとも家の中にいます。

もっと田舎の方で暮らし、4ニャンを自由に出してあげたかったという気持ちもこもっている絵かもしれません。

 

 

 

「九月の庭」

 

 

ふたつめ。

9月にはヒガンバナが咲きます。大好きな花。赤い彼岸花が一番好きです。

秋のお彼岸もちょうど展示期間中にありますしね。

お彼岸には空の向こうに旅立った猫さんたちも帰って来るのかしら。

 

 

 

「彼岸花」

 

 

三つ目。

小さな絵です。

 

 

「ヒメジオン」

 

春に咲くハルジオンと似ているけれど、蕾がピンと上を向いているのはヒメジオン。

今年の初夏に、知人宅の白黒ツートン猫さんが亡くなりました。その子の絵を描くお約束をしているのに、なかなか時間がとれずにお待たせをしていて、でも気持ちはその子に向いているので、練習も兼ねてツートンくんのお写真を見ながら描きました。

目の色が違うけど。

 

 

 

この他、既存ポストカードに加えて新作カード2種も置いていただきます。

 

 

この春、高松のwatagumo舎さんの企画展に出品した絵で作りました。

2点とも絵は嫁いでいます。

 

旧作ポストカードはこちら。

 

 

 

ウレシカさんにはこの10種、nowakiさんには新作と旧作から猫の絵のものだけ少量ずつ、販売予定です。

 

 

「ペットショップにいくまえに」展 2016
会期:9月15日(木)ー10月3日(月)
会期中、火曜・水曜休み open:12時ー20時
会場:URESICA(東京・西荻窪)

 

《トークイベント》
日時:9月24日(土)14:00から

お話:斎藤朋子(獣医師・NPOゴールゼロ)、どいかや、とりごえまり(絵本作家)
参加費1,000円 定員20名
*予約制(ご予約は1ヶ月前からウレシカにて受付いたします)

お申し込みはコチラをご覧ください → 

 

 

せひお運びください!

 

 

| 展覧会 | 11:57 | - | - | pookmark |
カフェ・シーモアグラス20年記念展覧会「シーモアグラス20」

今日(9月4日)から30日まで、カフェ・シーモアグラス20年記念展覧会「シーモアグラス20」が開催されます。


55人の作家さんたちによるろうそくの絵が展示されますよ。豪華メンバーです。

シーモアグラスさんのマークは荒井良二さんが描いたろうそくの絵。

 

 

 

 

それにちなんで、シーモアグラスさんにお世話になった作家さんたちがお祝いの火を灯します。
そんな中に私も参加させていただいてます。

 

 

 

20周年おめでとうございます!

 

そして、9月14日には20周年記念アルバム「Sing More Songs もっとうたってよちゃん」が発売されるそうです!

すごいメンバーで作られてますよー。

 

 

これはぜひ買わねば!

http://seemoreglass.net/singmoresongs/

 

 

私がまだデビューしたばかりのころ(いや、まだする前だったかな、記憶が曖昧、、、)からよくお店に行き、個展や「月のみはりばん」原画展をさせていただきました。

個人的にもいろんなお話をしたり、力になっていただいたり、大好きな店主の織衣さん。

忙しかったり、病気になったりして、何年かシーモアグラスさんに行けなかったときもありましたが、またこうやって参加させていただけて感謝しています。

お店の玄米カレーがおいしいんです。スイーツもごはんも、体にいいものを選んで作っているので、ぜひみなさまお運びください。

絵を見ながら、本棚にあるたくさんの絵本をながめながら、おいしいひとときをお過ごしくださいね。

CD買いたい方は14日以降がいいのかな。

 

 

CAFE SEE MORE GULASS

http://www7b.biglobe.ne.jp/~seemoreglass/

 

シーモアグラス20年記念展覧会「シーモアグラス20」

9月4日(日)〜30日(金)

営業時間: 12:00 〜 18:00
(日祝日 14:00 〜 18:00 ドリンク・軽食のみ)

 

 

 

 

よく考えたら、私もデビュー作「月のみはりばん」が出版されてから10月でちょうど20年。
長く続けられていることに感謝です。

 

 

 

| 展覧会 | 13:53 | - | - | pookmark |
| 1/229PAGES | >>