CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
コトリちゃん
コトリちゃん (JUGEMレビュー »)
とりごえ まり,やまぐち めぐみ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
「ペットショップにいくまえに展2016」東京URESICA

先日の記事で書きました「ペットショップにいくまえに展」の東京・URESICA、1週間後にせまってきましたので、 出品する作品のご紹介です。

 

絵を3点。

 

ひとつは、2013年の「ペットショップにいくまえに展」(新潟・絵本と木の実の美術館)に出品した「庭」という作品に加筆をしました。3年前に描いたときは、庭は私にとって憧れで、身近にあるものではありませんでしたが、今年金沢に引越してからは庭があります。なので、庭というものに対する気持ちが違っていて、3年前の絵にその気持ちを重ねました。

3年前の絵とこの絵を“Befoe After”的に並べようかと思ったりもしましたが、前の方がよかったのに〜と言われたら悲しいのでやめました、笑。知りたい方はブログ内で探して下さい。

 

庭にはニヤ、チャイ、コビー(もとの絵にもいた)に加え、ミケちゃんを描きました。

実際には4ニャンは外には出していないので、庭にこうしていることはありません。家は田舎の方にありますが、一本向こうの通りはバス通りで交通量も多いので、いままで家の中で過ごして来た猫さんたちを出すには危険です。

ずっと外にいたミケちゃんはきっと出たい事もあるだろうなあと思っていますが、ミケちゃんだけを出すわけにはいかないので、4ニャンとも家の中にいます。

もっと田舎の方で暮らし、4ニャンを自由に出してあげたかったという気持ちもこもっている絵かもしれません。

 

 

 

「九月の庭」

 

 

ふたつめ。

9月にはヒガンバナが咲きます。大好きな花。赤い彼岸花が一番好きです。

秋のお彼岸もちょうど展示期間中にありますしね。

お彼岸には空の向こうに旅立った猫さんたちも帰って来るのかしら。

 

 

 

「彼岸花」

 

 

三つ目。

小さな絵です。

 

 

「ヒメジオン」

 

春に咲くハルジオンと似ているけれど、蕾がピンと上を向いているのはヒメジオン。

今年の初夏に、知人宅の白黒ツートン猫さんが亡くなりました。その子の絵を描くお約束をしているのに、なかなか時間がとれずにお待たせをしていて、でも気持ちはその子に向いているので、練習も兼ねてツートンくんのお写真を見ながら描きました。

目の色が違うけど。

 

 

 

この他、既存ポストカードに加えて新作カード2種も置いていただきます。

 

 

この春、高松のwatagumo舎さんの企画展に出品した絵で作りました。

2点とも絵は嫁いでいます。

 

旧作ポストカードはこちら。

 

 

 

ウレシカさんにはこの10種、nowakiさんには新作と旧作から猫の絵のものだけ少量ずつ、販売予定です。

 

 

「ペットショップにいくまえに」展 2016
会期:9月15日(木)ー10月3日(月)
会期中、火曜・水曜休み open:12時ー20時
会場:URESICA(東京・西荻窪)

 

《トークイベント》
日時:9月24日(土)14:00から

お話:斎藤朋子(獣医師・NPOゴールゼロ)、どいかや、とりごえまり(絵本作家)
参加費1,000円 定員20名
*予約制(ご予約は1ヶ月前からウレシカにて受付いたします)

お申し込みはコチラをご覧ください → 

 

 

せひお運びください!

 

 

| 展覧会 | 11:57 | - | - | pookmark |
カフェ・シーモアグラス20年記念展覧会「シーモアグラス20」

今日(9月4日)から30日まで、カフェ・シーモアグラス20年記念展覧会「シーモアグラス20」が開催されます。


55人の作家さんたちによるろうそくの絵が展示されますよ。豪華メンバーです。

シーモアグラスさんのマークは荒井良二さんが描いたろうそくの絵。

 

 

 

 

それにちなんで、シーモアグラスさんにお世話になった作家さんたちがお祝いの火を灯します。
そんな中に私も参加させていただいてます。

 

 

 

20周年おめでとうございます!

 

そして、9月14日には20周年記念アルバム「Sing More Songs もっとうたってよちゃん」が発売されるそうです!

すごいメンバーで作られてますよー。

 

 

これはぜひ買わねば!

http://seemoreglass.net/singmoresongs/

 

 

私がまだデビューしたばかりのころ(いや、まだする前だったかな、記憶が曖昧、、、)からよくお店に行き、個展や「月のみはりばん」原画展をさせていただきました。

個人的にもいろんなお話をしたり、力になっていただいたり、大好きな店主の織衣さん。

忙しかったり、病気になったりして、何年かシーモアグラスさんに行けなかったときもありましたが、またこうやって参加させていただけて感謝しています。

お店の玄米カレーがおいしいんです。スイーツもごはんも、体にいいものを選んで作っているので、ぜひみなさまお運びください。

絵を見ながら、本棚にあるたくさんの絵本をながめながら、おいしいひとときをお過ごしくださいね。

CD買いたい方は14日以降がいいのかな。

 

 

CAFE SEE MORE GULASS

http://www7b.biglobe.ne.jp/~seemoreglass/

 

シーモアグラス20年記念展覧会「シーモアグラス20」

9月4日(日)〜30日(金)

営業時間: 12:00 〜 18:00
(日祝日 14:00 〜 18:00 ドリンク・軽食のみ)

 

 

 

 

よく考えたら、私もデビュー作「月のみはりばん」が出版されてから10月でちょうど20年。
長く続けられていることに感謝です。

 

 

 

| 展覧会 | 13:53 | - | - | pookmark |
「ペットショップにいくまえに 2016」京都nowaki

前の記事で書きました「ペットショップにいくまえに展」の京都nowakiさんへ出品する作品のご紹介です。

 

今回のテーマは「white & black 」 白と黒の動物たち。

金沢に引越して来てから何度も通ったホームセンターの木材売り場に、ときどき木片が売られています。たぶん、切った木材の残りでしょうか。

それをいくつか買っておいたので、今回はそこに白黒の動物を描いてみました。

もっとたくさん描きたかったのですが、仕事の関係で4つ。

お決まりの「猫」×2、そして初の試み「犬」、そしてちょっとこれだけ異質になってしまいましたが、ユキヒョウ。

 

 

裏側には、メッセージが英語で書いてあります。

(ユキヒョウを除く)

 

 

LIFE IS PRECIOUS

FOR

ANYONE.

BOTH 

HUMAN

AND

ANIMAL.

 

「ドウブツもニンゲンも、命の尊さは同じです。」

 

 

誰もがこう思う事ができたら、動物への虐待や遺棄などなくなるのではと思うのです。

 

 

作品はどれも展示・販売いたします。

お近くの方、ぜひお運びください!

 

 

 

「ペットショップにいくまえに 2016」
会期:9月9日(金)ー18日(日)
※14日(水)のみ休み open 11時ー19時
会場:nowaki(京都・三条)

 

 

 

 

| 展覧会 | 19:51 | - | - | pookmark |
「ペットショップにいくまえに展」2016

今年もその季節がやってきました。

ペットショップにいくまえに展」のお知らせです。

 

誰かが犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、
飼い主のいない動物をもらい受ける、ということが当たり前の世の中になってほしい

絵本作家どいかやさん制作のフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」主旨のもと、犬や猫をはじめとする動物に関する人間社会の問題をより多くの人に知ってもらうための展覧会です。

 

 

今年も京都・nowakiさんでの開催、そして東京(西荻窪)ウレシカさんでの開催になります。

私もまたどちらにも参加させていただきます。

 

◎京都

「ペットショップにいくまえに 2016」
会期:9月9日(金)ー18日(日)
※14日(水)のみ休み open 11時ー19時
会場:nowaki(京都・三条)

 

 

 

【出展作家】
網代幸介・植田真・ookamigocco・大畑いくの・軽部武宏・きくちちき・坂本千明・さとうゆうすけ・スズキコージ・スドウピウ・どいかや・とりごえまり・中野真典・nakaban・西淑・牧野千穂・町田尚子・ミロコマチコ

今年のテーマは「white & black 」 白と黒の動物たちが登場します。 

DM/中野真典

 

 

 

◎東京
「ペットショップにいくまえに」展 2016
会期:9月15日(木)ー10月3日(月)
会期中、火曜・水曜休み open:12時ー20時
会場:URESICA(東京・西荻窪)

 

 

【出展作家】

伊津野果地 伊藤夏紀 井上奈奈 植田真 小西由夏 さとうゆうすけ スギヤマカナヨ すずきみほ 高橋和枝 竹内通雅 どいかや とりごえまり はしもとみお 福田紀子 前川幸市 山口マオ 
 

《トークイベント》
日時:9月24日(土)14:00から

お話:斎藤朋子(獣医師・NPOゴールゼロ)、どいかや、とりごえまり(絵本作家)
参加費1,000円 定員20名
*予約制(ご予約は1ヶ月前からウレシカにて受付いたします)

お申し込みはコチラをご覧ください → 

DM絵:小西由夏「ぼくのおうち」

 

 

ウレシカさんでの展示のDMの絵は、私の母校・金沢美術工芸大学に在学中の小西さん。

なんだかとってもうれしいです。

トークイベントには金沢から向かいますので、お時間あります方はご予約ください!

NPOゴールゼロの齊藤先生のお話を聞けるのが、とても楽しみです〜

 

 

*それぞれの展覧会に出品する作品については、別の記事であらためて紹介させていただきます。

 

 

 

 


 

| 展覧会 | 19:34 | - | - | pookmark |
ビアトリクス・ポターへの絵手紙

世界中の絵本好きなら(きっと絵本がとくに好きでなくても)知っている、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポター。

今年生誕150周年を迎えるそうです。

それに合わせたイベントがいろいろとあるようですよ。

 

そして月刊MOE9月号でもピーターラビット巻頭大特集。

 

 

(おしり出演:ミケちゃん)

 

 

その中の『ポターに贈る人気絵本作家からの絵手紙』というページに、私も描かせていただきました。

人気絵本作家、に私も入れていただいて申し訳ない気持ちでいっぱいではありますが。

私の他、酒井駒子さん、きくちちきさん、どいかやさん(この3人はホンモノの人気絵本作家!)が描かれています。

 

 

 

 

私は、「りすのナトキン」の代筆をつとめました。

あの生意気で行いの悪いナトキンが、ビアトリクスに感謝の言葉を!

 

*絵の中の英文は、フランスのお仕事でもメールなどの翻訳のお手伝いをしてもらっているニュージーランド在住の友人に相談し、書きました。

 

 

 

 

このお仕事を依頼していただいたとき、もちろんポターの絵本、ポターのことはいままでも特集されていたMOEで読んだりしてだいたいは知っていたものの、それほど詳しくポターの人となりを知っていないかも知れない、、、と思いました。

ポターへのメッセージを描くのだから、もっと知ってから描いた方がいいかなと、『ビアトリクス・ポター  描き、語り、田園をいつくしんだ人』(福音館書店)という本と映画『MISS POTTER』のDVDを購入しました。

 

 

 

 

本を読み映画を観て(絵手紙を描く時間よりもこちらの時間が長かった、笑)、いままで以上にポターを好きになり、共感出来るところがたくさんある、私にとって大好きな尊敬できる女性となりました。

波瀾万丈の人生だったところも、つい自分と重ねてしまいました。

 

私は金沢へ引越し、庭に新しく木を植えたり花を植えたりし、そこに訪れる虫やカエルやトカゲたちを日々観察する生活になりました。アシナガバチも植木に巣を作って子育てしています。こちらが友好的に接すると、ハチもいまのところ攻撃はしません。

庭でバッタリあった虫やカエルが驚いてにげたときに「ごめん、ごめん」と言っているちょっと傍から見ると変かもしれない人になっています。

なので、小さな頃から毛虫から野うさぎまで、イキモノたちが友達で、観察やスケッチをしていたポターをとても身近に感じることができたのです。

きっと、まだマンション暮らしの私だったら、また少し違った絵手紙を描いたのかもしれません。

(とはいえ、その絵手紙に直接そういう影響がでているのかどうかはわかりませんが)

 

 

 

 

MOEを開く機会がありましたら、ぜひ見て下さい。

 

 

そして、その4作家の絵手紙の原画は、三越札幌店(9月21日〜10月3日)を皮切りに全国の百貨店を巡回する「ピーターラビットの世界展」にて、展示される予定です。

今後の巡回先などの情報は、ピーターラビット日本公式サイトでチェックできるそうです。

 

金沢も巡回してくれたらうれしいなあ。。。。

 

 

 

 

| 仕事・作品 | 15:17 | - | - | pookmark |
| 1/228PAGES | >>